Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第22話 盧至長者語 第(廿二)

今昔、天竺に一人の長者有り。盧至と云ふ。慳貪の心深くして、妻の眷属の為めに、物を恡(をし)む事限無し。「只独、人無くして、静なる所に行て、心の如く飲食せむ」と思ふに、鳥獣、自然ら此れを見て来る。此れに依て、又其の所を厭て、外へ行ぬ。

人も無く鳥獣も来ぬ所、尋ね得て飲食す。歓楽限無くして、歌舞して云く、

  我今節慶際1)

  縦酒大歓楽

  踰過毗沙門

  亦勝天帝釈

と誦して、瓶を蹴て舞ひ喜ぶ事限無し。

其の時に、天帝釈、仏2)の御許へ詣り給ふに、此の長者の此の如く嘲る声を聞給て、忿を成して、盧至を罸(つみ)せむが為に、忽に変じて、盧至が形と成て、盧至が家に至て、自ら庫倉を開て、財宝を悉く取出て、十方の人を喚て与ふ。

家の妻子・眷属、「奇異也」と思ふ程に、実の盧至来て、門を扣く。家の人、出て此れを見るに、又同じ形なる盧至此れり。「此れ変化の者也」と云て、打追時に、「我れは、此れ実の盧至也」と云ふ。然雖も、人、何れを実の盧至と云ふ3)事を知らず。

此れに依て、証人を以て判ぜしむるに、証判の者、盧至が妻子に向て、二人の実否を問ふ。妻子有て、帝釈の変じ給へる盧至を指て、「此れ、実の盧至也」と云ふ。又、国王に此の事を申すに、国王、二人の盧至を召て見給ふに、同じ形の盧至、二人有り。更に実否を知らず。かかれば、国王、実否を知らむが為、二人の盧至を具して、仏の御許に詣づ。

其の時に、帝釈、本の形に復して、盧至長者が過を申し給ふ。仏、盧至を勧め誘(こしら)へ給て、為に法を説き給ふ。長者、法を聞て、道を得て、歓喜しけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「際一本会ニ作ル」
2)
釈迦
3)
底本頭注「雖然モ以下ノ十四字諸本ニ脱ス」
text/k_konjaku/k_konjaku3-22.txt · 最終更新: 2016/07/08 20:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa