Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第21話 長者家浄屎尿女得道語 第(廿一)

今昔、天竺に一人の長者有り。其の家に、屎尿の穢を浄むる女有り。家の内に若干の人の屎尿を、朝夕に運び浄めて、年来を経たり。然れば、家内の人、皆此の女を灢(きた)なみ蔑(あなづり)て、自然ら道に会ふ時も、唾を吐き鼻を塞て、更に親近(ちかづか)ず。

其の時に、仏1)、此の女を哀び給て、女、屎尿を頭に戴て行くを、道に会ひ給ぬ。女、仏に恥奉て、薮の中に隠れ入ぬ。衣服も穢れ、屎尿身に懸れり。女、弥よ恥奉て、尚深く隠れ入る。

仏、女を利益せむが為に、近く寄給て、女を召取て、耆闍崛山に将て御て、女の為に法を説て、教化し給ふに、女、即ち羅漢果を得つ。

長者、此の事を聞、驚て、「仏の御許に詣て、恥しめ奉らむ」と思て、怱(いそ)ぎ詣づるに、耆闍崛山の前に河有り。其の河の中に、大きなる石有り。其の石の上に女有り。衣服を洗ふ。長者、此れを見るに、「女、石の中に入ぬ」と見れば、石の下2)より出て、天に上り、地に下り、光を放て神通を現ず。

長者、「希有也」と身置て、仏の御許に詣て、仏に白して言さく、「『仏は清浄の直身に在す。汙穢・塵垢には非ず』と、貴く思ひ奉るに、極て異様にこそ御ましけれ。何の故有てか、我が家の屎尿の穢を浄むる女をば召取給へるぞ」と、恥しめ奉るに、仏、答て宣はく、「汝、我が前の河に、衣服洗ふ女をば見知たりや」と。長者の云く、「知らず」と。仏の宣はく、「光を放ち、神通を現ずるをば見つや」と。長者の云く、「然か見つ」と。仏の宣はく、「其の女こそは、汝が家の屎尿の穢浄つる女よ。汝は七宝を天下に満て、世間を恣ままにすと云へども、汝が果報は、彼の女に劣れり。此の女は、年来不浄の穢を浄むる功徳に依て、既に羅漢果を得、光を放つ身と成れり。汝は貪欲邪見に依て、常に瞋恚を発す。罪重くして、地獄に堕て、多の苦を受くべし」と。

長者、此の事を聞て、恥て、家に返て、咎を悔けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
底本頭注「石ノ下一本石ノ中ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku3-21.txt · 最終更新: 2016/07/08 01:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa