Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第20話 仏頭陀給鸚鵡家行給語 第(二十)

今昔、天竺に、仏1)、「頭陀し給ふ」とて、一人の人の家に入給ふ。家の主をば鸚鵡2)と云ふ。仏、見給へば、鸚鵡出来て、鉢に米・魚等を入れ、合して、犬に食す。

仏、此の犬を見給て、犬に語て宣はく、「汝ぢ、先生に梵天を願ひし者也。何ぞ、此の如く有ぞ」と、恥しめ給ふ。犬、此の事を聞て、腹立て、此の食物を食はずして、傍に寄て居ぬ。仏、霊鷲山に返給ひぬ。其の後、鸚鵡出来て、此く犬の狗曇3)に恥しめられ奉て、此の鉢の物を食はで、腹立て居たるを見て、犬に瞋恚を発して、仏を罵詈し奉る。

仏、霊鷲山にして御弟子等に告て宣はく、「此の鸚鵡は、此く瞋恚を発して、我れを罵詈する罪みに依て、地獄に堕て、久く苦を受べし。悲かなや」と宣ふ時に、鸚鵡、瞋恚に堪へずして、仏の御許に詣て、仏に申す様、「狗曇、何の故有て、我が家の犬を云ひ恥しめ給て、鉢の物を食せしめ給はざるぞ」と。仏、鸚鵡に告て宣はく、「汝知らずや。此の犬は、汝が父、兜調が成たるには非ずや。彼の兜調は、火天を祭て、梵天を願ひしかども、犬の身と成て、汝に養育せらるる也」と。

鸚鵡、此の事を聞て、弥よ瞋恚を増して申さく、「仏、何に依て、我が父兜調の犬に成たりと知給ふぞ。又、仏、何に依てか然知るべき」と。仏の宣はく、「汝、家に返て、錦の座を敷て、金の鉢に微妙の飲食を入て、犬に向て云はむ様は、『若し、我が父兜調に在さば、此の座に登て、此の鉢の食を受給へ。又、納め置き給けむ財宝の在所を教へ給ふべし』と云ひ聞かしめて、犬の為む様を見るべし」と。

鸚鵡、此の事を聞て、瞋恚を止めずと云へども、家に返て、仏の教への如く、錦の座を敷て、金の鉢に微妙の飲食を入て、犬に向て云く、「犬、実に我が父兜調に在さば、此の座に登て、此の鉢の食を受給て、納め置給けむ財宝の在所を教へ給へ」と。犬、忽に此の座に登て、鉢の物を食す。食畢て、此の床の土を、鼻にて穿ち、足にて掘る。鸚鵡、此れを見怪むで、人して此の所を深く掘て見れば、多くの財宝を埋み置けり。

鸚鵡、此れを見て、「此の犬の実に父兜調にこそ有けれ」と思て、悲の心を発して、霊鷲山に詣て、仏に向ひ奉て、白して言さく、「仏は更に妄語し給はざりけり。世々生々に、我れ、仏の御為疑を成さず」と誓て、又、仏に問奉て云く、「何ぞ、功徳を修する者、地獄に堕て、罪障を作れる者、浄土に生るぞ。何ぞ、富める者有り、貧き者有ぞ。何ぞ、世を恣にして、子孫繁盛なる者有り、家貧くして独身単居なる者有ぞ。百年平生なる者有り、若くして死する者有ぞ。何ぞ、形貌端正なる者有り、形貌醜悪なる者有ぞ。何ぞ、人の殺害せられ、人に軽慢せらるる者有るぞ」と。

仏、此れを一々に答給ふ。「汝ぢ、善く聴け。功徳を造て地獄に堕る者は、死する時に臨て、悪縁に値て、瞋恚を発せる者ぞ。悪業を造て浄土に生るる者は、死する時に善知識に値て、仏を念じ奉れる者ぞ。今世に富る者は、先世4)に施の心有ける者ぞ。今世に貧しき者は、先世に施の心無かりし者ぞ。子孫繁盛なる者は、先生に人を見ること、我が子の如く思ひし者ぞ。独身なる者は、先生に人の為に悪かりし者ぞ。長命なる者は、先生に放生を行ぜし者ぞ。短命なる者は、先世に殺生を好し者ぞ。端正なる者は、先生に祖(おや)に咲て見えし者ぞ。醜悪なる者は、祖に瞋恚を発さしめし者ぞ。人に敬はるる者は、先世に人を敬ひし者ぞ。人に賤めらるる者は、先世に人を軽めし者ぞ」と説き教へ給ふ。

鸚鵡、此れを聞て、貴び奉る事限無し。此れに依て、地獄に堕つべかりし罪失せて、永く仏道に趣(おもむか)ひけりとなむ、語り伝へたるとや。

1) , 3)
釈迦
2)
人名
4)
底本頭注「先世下分先生ニ作ル一ニ原文ニ従フ」
text/k_konjaku/k_konjaku3-20.txt · 最終更新: 2016/07/07 23:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa