Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第18話 駈二人羅漢弟子比丘語 第(十八)

今昔、天竺の王城に、三宝を供養するに、蘇・蜜無ければ、供養する事無し。

其の時に、施主有り。山寺に昇て、比丘を供養せむと為るに、蘇を取り忘れて昇にけり。

其の時に、其の師の比丘の弟子二人に、二人の沙弥有り。師に奉仕する事、片時も怠る事無し。菜を採(つ)み、水を汲み、薪を拾て、朝暮に師に駈(つか)ふる事限無し。而るに、其の師、放逸邪見の身にして、二人の沙弥を駈ふに、一時の暇を慰めず。

而るに、此の二人の沙弥、彼の忘れたる蘇を取て、持来たらむが為に、出て行ぬ。良(やや)久く待に見えず。其の時に、施主、沙弥等の遅く来るを見むが為に、道に出て、草の中に居て、沙弥を待ち見る時に、二人の沙弥、既に来たり。途中にして、此の二人の沙弥、俄に十八変を現じ、菩薩普賢三昧に入て、光を放て、法を説き、前生の事を現ず。

施主、此れを見るに、希有の思ひを無す。然れば、「此れは羅漢の聖者也けり」と思ふに、貴き事限無し。師の所に怱(いそ)ぎ還り至て、師の此の由を語る。師、此れを聞て、亦奇異の思ひをば成ぬ。

其の時に、二人の沙弥、蘇を取て還り来る。師、二人の沙弥に向て云く、「我れ、愚痴にして、知らざる故に、羅漢の為に年来無礼を至せり。願くは、此の罪みを免し給へ」と。沙弥の云く、「我等、忽に途中にして神通を現じて、師に見えたり。悲哉、亦何なる所行有てか、師に駈(つかはれ)む」と云て、哭き悲む。「師に駈へざるに、仏に成る事遅し」と云て、光を放て、立たずして、二人共に法を説く。師も施主も、此れを聞て、共に信仰する事限無し。

亦、沙弥の云く、「我等、初地に登る」と云へり。然れば、位高く、無上菩薩と申す。形ち凡夫に現じて、人に仕はれ給へり。

仏に成る道、障り多し。心有らむ人は、此れを聞て、悟るべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku3-18.txt · 最終更新: 2016/07/04 11:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa