Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第12話 須達長者家鸚鵡語 第(十二)

今昔、天竺に須達長者と云ふ長者有けり。仏法を信じ敬て、諸の比丘の為に、檀越として常に比丘を供養す。

其の家の内に、二の鸚鵡と云ふ鳥有り。一をば律提と云ふ。一をば賒律提と云ふ。此の鳥、畜生也と云へども、心に智恵有て、其の家に比丘の来る時は、此の鳥、先づ出て比丘を見て、家の内に入て、長者に告て迎へ送る。此の如くして、年来有り。

其の時に、阿難、長者の家に来て、此の二の鳥の聡明なるを見て、鳥の為に四諦の法を説き聞かしむ。家の門に樹有り。此の二の鳥、法を聞むが為に、樹の上に飛昇て、法を聞て、歓喜して受持す。其の夜、樹の上に宿るに、狸の為に二の鳥喰はれぬ。

法を聞て歓喜せしに依て、此の二の鳥、四天王天に生るべし。其の天の命尽て、此の如く次第に生じ上て、他化自在天まで生れぬ。上下七返して、一々に天の命尽き畢て、人界に生れて、出家して、比丘と成て、道を修して、辟支仏と成る事を得べし。一をば曇摩と名付く。二をば修曇摩と名付く。

此れを以て思ふに、法を聞て歓喜する功徳、量無しとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku3-12.txt · 最終更新: 2016/06/27 22:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa