Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第33話 肥後国鷲咋殺蛇語 第卅三

今昔、肥後の国□□の郡に住ける者有けり。家の前に大きなる榎の木の枝滋く差覆たるが有ける下に、鷲屋を造て、其れに鷲を置てなむ飼ける。

其れに、人、数(あまた)有て見ければ、大きなる蛇の七八尺許なるが、其の榎の木の下枝より伝ひ下て、鷲屋様に下けるを、「此の蛇のせむ様見む」と云て、集て見ければ、蛇、下より伝ひ下て、鷲屋のの上に下て、蟠居て、頸を延べて、鷲屋の内を下様に臨(のぞき)けるに、其の時に、鷲は吉く寝入たりければ、蛇、此れを見て、鷲屋の柱より漸く伝ひ下て、鷲の寝入たるを、蛇、頭を以て鷲の腹の許に口を宛つ。

然て、口を開て、鷲の觜を本まで呑て、尾を以て鷲の頸より始めて、身を五つ辛巻六つ辛巻許 巻て、尚残たる尾を以て、鷲の片足を三返り許巻て、縛る様にすれば、毛は上て蛇は沈みて、鷲の細く成許に、強く巻き辛む。

其の時に、鷲、目を打見開て有に、觜を呑まれたれば、目を塞て、亦寝入ぬ。此れを見る人、「此の鷲は、此の蛇に蕩(とらか)されにたるにこそ有めれ。此の鷲は死むとす。去来(いざ)打放てむ」など云ふ者も有り。亦、「極き事有とも、其の鷲、蛇に蕩されじ。只為む様を見よ」と云ふ人も有ければ、此(と)も彼(かく)も為で見ける程に、鷲、亦目を見開て、顔を此彼篩(ふるへ)るに、觜を本まで呑て下様に引下る様に為れば、其の時に、鷲、巻かれぬ方の足を持上て、頸肩の程まで巻たる蛇を、鷲爪を以って爴(つかみ)て、急(き)と引て踏つれば、觜を呑たりつる蛇の頸も抜けて離れぬ。亦、巻かれたる片足を持上て、翼懸て巻れたるを、亦爴て、初の如く引て、亦踏へつ。

然て、前の度、爴たりつる所を、持上げてふつりと咋切(くひきり)つ。然れば、蛇の頭の方、一尺許切れぬ。亦、後に爴たりつるを、足を持上げて、亦咋切つ。然て、亦足巻たりつる残を咋切つ。

此く三切れに咋切て、觜を以て咋つつ、前に指置て、身篩打し翼䟽(つくろひ)し尾など打振て、露事したりとも思たらで有ければ、此れを見る者(も)の共、彼の「よも鷲蛇に蕩されじ」と云つる者は、「然ればこそ、極き事有とも、蕩されなむや。此れは、物の王なれば、尚魂は余の獣には殊なる者也」など云てぞ、讃め喤ける。

此れを思ふに、蛇の魂の極て唏(おほけな)き也。本より、蛇は我より大きなる物を呑まむとは云ひ乍ら、鷲を思ひ懸るが、極て愚なる也。然れば、人も此れを以て知るべし。「我れに増(まさり)たらむ物を、傾け犯さむ」と思はむ心は、努々止むべし。此く返て、我が命を失ふ事有る也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-33.txt · 最終更新: 2015/05/13 01:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa