Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第32話 陸奥国狗山狗咋殺大蛇語 第卅二

今昔、陸奥の国□□の軍に住ける賤き者有けり。家に数の狗を飼置て、常に其の狗共を具して深き山に入て、猪・鹿を狗共を勧めて咋殺(くひころさ)せて取る事をなむ、昼夜朝暮の業としける。然れば、狗共も役と猪・鹿を咋習ひて、主、山に入れば、各喜て後前きに立てぞ行ける。此く為る事をば、世の人、狗山と云なるべし。

而る間、此の男、例の事なれば、狗共を具して山に入にけり。前々も食物など具して二三日も山に有る事也ければ、山に留りて有ける夜、大きなる木の空(うつぼ)の有ける内に居て、傍に賤の弓・胡録・大刀など置て、前には火を焼きて有けるに、狗共は廻に皆臥たりけり。

其れに、数の狗の中に、殊に勝れて賢かりける狗を年来飼付て有けるが、夜打深更(ふく)る程に、異狗共は皆臥たるに、此の狗一つ、俄に起走て、此の主の木の空に寄臥して有る方に向て、愕(おび)ただしく吠ければ、主は、「此は何を吠るにか有らむ」と、怪く思て、喬平(そばひら)を見れども、吠ゆべき物も無し。

狗、尚吠る事止めずして、後には主に向て踊懸りつつ吠ければ、主、驚て、「此の狗の、吠ゆべき物も見えぬに、我れに向て此く踊懸りて吠ゆるは、獣は主知らぬ者なれば、我れを、定めて、『此る人も無き山中にて、咋てむ』と思ふなめり。此奴、切殺してばや」と思て、大刀を抜て恐しけれども、狗、敢て止まらずして、踊懸りつつ吠ければ、主、「此る狭き空にて、此の奴咋付てば悪かりなむ」と思て、木の空より外に踊出る時に、此の狗、我が居たりつる空の上の方に踊上て、物に咋付ぬ。

其の時に、主、「『我れを咋はむ』とて、吠けるには非ざりけり」と思て、「此の奴は何に咋付たるにか有らむ」と見る程に、空の上より器量(いかめし)き物落つ。狗、此れを免さずして咋付たるを見れば、大きさ六七寸許有る蛇の、長さ二丈余許なる也けり。蛇、頭を狗に痛く咋はれて、否堪へずして落ぬる也けり。主、此れを見るに、極て怖しき物から、狗の心哀れに思えて、大刀を以て蛇をば切殺してけり。其の後ぞ、狗は離れて去にける。

早う、木末遥に高き大きなる木の空の中に、大きなる蛇の住けるを知らずして、寄臥たりけるを、「呑む」と思て、蛇の下けるが頭を見て、此の狗は踊懸りつつ吠ける也けり。主、此れを知らずして、上をば見上げざりければ、「只我れを咋むずるなめり」と思て、大刀を抜て、狗を殺さむとしける也けり。

「殺したらましかば、何許悔しからまし」と思て、寝られざりける程に、夜明て蛇の大きさ長さを見けるに、半は死ぬる心地なむしける。「寝入たらむ程に、此の蛇の下て巻付なむには、何態をかせまし。此の狗は、極(いみじ)かりける、我が為めの此の世ならぬ財にこそ有けれ」と思て、狗を具して家に返にけり。

此れを思ふに、実に狗を殺たらましかば、狗を死て、主も其の後蛇に呑まれまし。然れば、然様ならむ事をば、吉々く思ひ静めて、何ならむ事をも為べき也。此る希有の事なむ有けるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-32.txt · 最終更新: 2015/03/20 17:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa