Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第29話 女被捕乞丐棄子逃語 第廿九

今昔、□□の国□□の郡に有る山を、乞丐(かたゐ)二人烈(つれ)て通けるに、前に子を負たる若き女行(あるき)けり。

女、此の乞丐共の後に近く来るを見て、傍に立寄て過さむとしけるに、乞丐共、立留て、「只疾く行け」と云て、前立たざりければ、女、尚前に行くを、一人の乞丐、走寄て女を捕へつ。女、人も無き山中なれば、辞ぶべき様も無くて、「此は何にし給ふぞ」と云ければ、乞丐、「去来(いざ)彼へ。云ふべき事の有る也」と云て、山中へ、只引に引入れば、今一人の乞丐は傍に見立てり。

女の云く、「此く半(はした)無くなし給そ。云はむ事は聞む」と云へば、乞丐、「吉々し、然らば去来」と云ふに、女の云く、「山中也とも、何でか此る所にては、人の物をば云はむ。柴などを立てて、廻り隠せ」と云ければ、乞丐、「現にも」と思て、木の枝の滋(しげみ)を伐下しなど為るに、今一人の乞丐は、「女もぞ逃る」と思て、向立てり。

女、「よも逃げじ。但し、我れ今朝より腹を術無く病てなむ有るを、彼(あしこ)に罷て、返て来むと思ふに、暫く免してむや」と云ければ、乞丐、「更に免さじ」と云ければ、女、「然は、此の子を質に置たらむ。此の子は、我が身にも増(まさり)て思ふ者也。世に有る人、上も下も、子の悲さは皆知る事也。然れば、此の子を棄て、よも逃げじ」と、「只、腹を術無く病て、隙無き事の有れば、『彼にても留まらむ』と思て、『立留て過し申さむ』とはしつる也」と云ければ、乞丐、其の子を抱き取て、「然りとも、よも子を棄ては逃げじ」と思ければ、「然らば、疾く行て返来」と云ければ、女、遥に行て、其の事構ふる様に見せて、やがて子をも知らず、「逃なむ」と思て、走に走て逃ければ、道に走り出にけり。

其の時に、調度を負て、馬に乗たる者四五人、打群て会たり。女の喘(あへぎ)々ぎて走るを見て、「彼れは何と走るぞ」と問ければ、女、「然々の事の侍て逃る也」と云ければ、武者共、「いで、何くに有るぞ」と云て、女の教へけるままに馬を走せて、山に打入て見ければ、有つる所に柴を立て、其の子をば二つ三つに引破てなむ、逃て去にける。然れば、甲斐無くて止にけり。

女の、「子は悲けれども、乞丐には否(え)近付じ」と思て、子を棄て逃たる事をぞ、此の武者共、讃め感じける。下衆の中にも、此く恥を知る者の有也けり。此なむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-29.txt · 最終更新: 2015/03/19 19:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa