Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第25話 丹波守平貞盛取児干語 第廿五

今昔、平の貞盛の朝臣と云ふ兵有けり。

丹波の守にて有ける時、其の国に有けるに、身に悪き瘡の出たりければ、□□の□□と云ふ止事無き医師を迎へ下して見せければ、医師、此れを、「極じく慎むべき瘡也。然れば、児干と云ふ薬を求めて治すべきなり。其れは人に知らせぬ薬也。日来経ば、其れも聞難かりなむ。疾く求給ふべき也」と云て、外なる所に出ぬ。

然れば、守、我が子の左衛門の尉□□と云ふを呼て、「我が瘡をば疵と此の医師は見てけり。極じき態かな。増して、此の薬を求めば、更に世に隠れ有らじ。然れば、其(そこ)の妻こそ、懐妊したなれ。其れ我れに得させよ」と云ふを聞くに、目も暗て更に物思えず。然りとて、惜しむべき様無ければ、「早う、疾く召せ」と答ふれば、貞盛、「糸喜し。然らば、其は暫し外に御して、葬りの儲けをせよ」と云ひ固めつ。

然て、□□、此の医師の許に行て、「此る事なむ有る」と泣々く語りければ、医師も此れを聞て泣ぬ。然て云ふ様、「此の事を聞くに、実に奇異(あさま)し。己構へむ」と云て、館に行て、「何ぞ薬は有や」と、守に問へば、守、「其れが糸難くて、無き也。然れば、左衛門の尉の妻の懐妊したるをぞ、乞得たる」と答ふれば、医師、「其れをば何にせむ。我が胤は薬に成らず。疾く求め替給へ」と云へば、守歎きて、「然は何が為べき。尋ねよ」と云ふに、人有て、「御炊の女こそ懐妊して、六月に成ぬれ」と云ければ、「然らば、其れを疾く取せよ」と云て、開て見ければ、女子にて有ければ、棄てけり。然れば、外に亦求めて、守、生きにけり。

然て、「医師に吉き馬・装束・米など、員知らず取せて返し上す」とて、子の左衛門の尉を呼て、密に云く、「我が瘡は疵にて有ければ、『児干をこそ付てけれ』と、世に弘ごりて聞えなむとす。公も我ならば憑もしき者に思し食て、夷乱れたりとて、陸奥の国へも遣さむとすなり。其れに、『其の人にこそ射られにけれ』と聞えむは、極き事には非ずや。此の医師を構へて失なひてむと思ふを、今日、京へ上(のぼ)せむに、行会て射殺せ」と云ければ、左衛門の尉、「糸安き事に候ふ。罷上らむを、山に罷会て、強盗を造て射殺し候ひなむ。然れば、夕さり懸て、出し立させ給ふべき也」と云へば、守、「然ななり」とて、左衛門の尉ぞ、「其の構へ仕らむ」とて、急ぎ出ぬ。

然て、忍て、左衛門の尉、医師に会て、密に云く、「然々の事をなむ、守、宣ふ。其れをば何が為べき」と云へば、医師、奇異く思て、「只何にも其(そこ)に量らひて、助け給ふべき也」と云へば、左衛門の尉の云く、「上給はむに、山まで送りに付けらるる判官代をば、馬に乗せて、其は歩にて山を越へ給へ。一日の事の世々にも忘難く喜く候へば、此く告申す也」と。医師、手を摺て喜て、然る気無くて出し立れば、酉の時許に出立ぬ。

左衛門の尉が教へつるままに、山にて医師、馬より下て、従者の様に成て行くに、盗人出来ぬ。盗人、馬に乗て行く判官代を、「主ぞ」と思ふ様にて、構へたる事なれば、射殺しつ。従者共は皆逃て散にければ、医師、平かに京に上着にけり。

左衛門の尉は、館に返て、射殺しつる由を守に云ければ、守、喜て有ける間に、医師は存して京に有て、判官代を射殺してければ、守、「此は何にしたる事ぞ」と問ければ、左衛門の尉、「医師、歩にて従者の様にて罷けるを知らずして、判官代が馬に乗たるを、『主ぞ』と思て、錯て射殺しつる也」と云ければ、守、「現に」と思て、其の後は強にも云はで止にけり。然れば、忽にこそ、左衛門の尉、医師に恩を酬たりけれ。

貞盛の朝臣の「婦(よめ)の懐妊したる腹を開て、児干を取らむ」と思けるこそ、奇異く慚(なさけ)無き心なれ。此れは、貞盛が一の郎等、館の諸忠が娘の語けるを聞き継て、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-25.txt · 最終更新: 2015/03/17 03:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa