Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第21話 紀伊国晴澄値盗人語 第廿一

今昔、紀伊の国伊都の郡に、坂上の晴澄と云ふ者有けり。兵の道に極て緩(ゆる)び無かりけり。前司平の惟時の朝臣が郎等也。

京に事有て上たりけるに、身に敵有ければ、緩(たゆ)まずして、我れも調度負ひ、郎等共にも調度負せなどして、人に手懸けらるべくもなくて、夜深更(ふく)る程に物へ行けるに、下辺に、花やかに前追ふ君達の、馬に乗り次(つづ)きたるに値ひぬ。前を追ひ喤れば、晴澄、馬より下て居たるを、「弓□し1)て、掻臥して候へ。かやかや2)」と云ければ、手迷をして、弓共皆□しつ。

顔を土に付けて、皆居たるに、「此の君達過ぎ給ふ」と思ふ程に、晴澄より始めて、郎等・従者に至るまで、項の許に皆人来て、登て押臥す。「此は何かに為る事にか有らむ」と思て、顔を仰(あふのけ)て見上たれば、君達と見つるに、馬に乗たる者五六騎、甲冑を着、調度を負て、極く怖し気なる者共、箭を番て、「己は動(はたら)かば射殺してむ」と云ふ。早う、君達には非で、強盗の謀つる也けり。

此く見るに、実に妬く侘しき事限無し。少し動かば射殺されぬべければ、只此奴原の為るに任せて、打臥せられ、引起され、心に任せて、一人残さず皆着物を剥ぎ、弓・胡録も、馬・鞍も、大刀・刀も、履物(はきもの)に到るまで、悉く取て去ぬ。

然れば、晴澄、「緩まずして有ましかば、何なる盗人有とも、殺して許こそは、此は掕ぜられめ。手の限り戦て、搦むる様も有なむ。其れに、前を追ひ喤れば、畏まりて屈(かがま)り居たるぞ、此くせむを何にかは為べき。此れは、我が兵の道に不運なるが致す所也」と云て、其れより後は武者も立てずして、脇乗の者に成てなむ有ける。

然れば、前追ふ人に値ふとも、吉く用意すべき事なりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「□シ一本伏セニ作ル下同ジ」
2)
底本頭注「カヤカヤハ、クヤクヤノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku29-21.txt · 最終更新: 2015/03/14 22:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa