Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第20話 明法博士善澄被殺強盗語 第二十

今昔、明法博士にて、助教清原の善澄と云ふ者有けり。道の才は並無くして、古の博士にも劣らぬ者にてぞ有ける。年七十に余て、世の中に用ゐられてなむ有ける。家極く貧かりければ、万づ叶はでぞ過ける。

而る間、居たる家に強盗入けり。賢く構へて、善澄、逃て板敷の下に這入にければ、盗人も否(え)見付ず成ぬ。盗人、入り立て、心に任せて物を取りて、物を破り打かばめかし踏み壊て、喤りて出にけり。

其の時に、善澄、板敷の下より怱ぎ出て、盗人の出ぬる後に、門に走り出でて、音を挙て、「耶(や)、己等、しや顔共皆見つ。夜明けむままに、検非違使の別当に申して、片端より捕へさせてむとす」と、極く妬く思えけるままに叫て、門を叩て云ひ懸ければ、盗人、此れを聞て、「此聞け、己等。去来(いざ)返て、此れ打殺てむ」と云て、はらはらと走り返りければ、善澄、手を迷(まどは)して家に逃入て、板敷の下に怱ぎ入らむと為るに、迷て入る程に、額を延に突て、急(き)とも否入り敢へざりければ、盗人、走り来て、取て引出て、大刀を以て頭を散々に打破て殺してけり。然て、盗人は逃にければ、云ふ甲斐無くて止にけり。

「善澄、才は微妙かりけれども、露和魂(やまとだましひ)無かりける者にて、此る心幼き事を云て死ぬる也」とぞ、聞きと聞く人々に云ひ謗られけるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-20.txt · 最終更新: 2015/03/14 16:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa