Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻29第18話 羅城門登上層見死人盗人語 第十八

今昔、摂津の国辺より、盗せむが為に京に上ける男の、日の未だ暮ざりければ、羅城門の下に立隠れて立てりけるに、朱雀の方に人重(しげ)く行ければ、「人の静まるまで」と思て、門の下に待立てけるに、山城の方より、人共の数(あまた)来たる音のしければ、「其れに見えじ」と思て、門の上層(うはこし)に和ら掻つき登りたりけるに、見れば、火髴(ほのか)に燃(とも)したり。

盗人、「怪」と思て、連子より臨(のぞき)ければ、若き女の死て臥たる有り。其の枕上に火を燃して、年極く老たる嫗の白髪白きが、其の死人の枕上に居て、死人の髪をかなぐり抜き取る也けり。

盗人、此れを見るに、心も得ねば、「此れは若し、鬼にや有らむ」と思て、怖(おそろし)けれども、「若し、死人にてもぞ有る。恐して試む」と思て、和ら戸を開て、刀を抜て、「己は」と云て走寄ければ、嫗、手迷ひをして、手を摺て迷へば、盗人、「此は何ぞの嫗の、此はし居たるぞ」と問ければ、嫗、「己が主にて御ましつる人の失給へるを、繚(あつか)ふ人の無ければ、此て置奉たる也。其の御髪の長に余て長ければ、其れを抜取て鬘にせむとて抜く也。助け給へ」と云ければ、盗人、死人の着たる衣と、嫗の着たる衣と、抜取てある髪とを奪取て、下走て、逃て去にけり。

然て、其の上の層には、死人の骸(かばね)ぞ多かりける。死たる人の葬など否(え)為ぬをば、此の門の上にぞ置ける。

此の事は、其の盗人の人に語けるを聞継て、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku29-18.txt · 最終更新: 2015/03/14 04:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa