Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第9話 禅林寺上座助泥欠破子語 第九

今昔、禅林寺の僧正と申す人御けり。名をば深禅と申ける。此れは九条殿の御子也。極て止事無かりける行人也。其の弟子に徳大寺の賢尋と云ふ人有けり。

其の人、未だ若くして、東寺の入寺に成て、拝堂しけるに、大破子の多く入ければ、師の僧正、「破子卅荷許調て遣らむ」と思給けるに、禅林寺の上座にて助泥と云ふ僧有けり。僧正、其の助泥を召して、「然々の料に破子卅荷なむ入べきを、人々に云て催(もよほせ」と宣ひければ、助泥、十五人を書き立て、各一荷を宛て催さしむ。僧正、「今十五荷の破子は誰に宛てむと為るぞ」と宣ひければ、助泥が申さく、「助泥が候こそは破子候よ。皆も仕るべけれども、『催せ』と候へば、半をば助泥が仕らむずる也」と。僧正、此れを聞て、「糸喜(うれし)き事也。然らば、疾く調へて奉れ」と宣ひつ。助泥、「然らば、然許の事為ぬ貧窮やは有る。穴糸惜」と云て、立て去ぬ。

其の日に成て、人々に催たる十五荷の破子、皆持来ぬ。助泥が破子、未だ見えず。僧正、「怪しく助泥が破子の遅かな」と思給ける程に、助泥、袴の扶(くくり)を上て、扇を開き仕ひて、したり顔にて出来たり。僧正、此れを見給て、「破子の主、此に来にたり。極くしたり顔にても来るかな」と宣ひけるに、助泥、御前に参て、頸を持立(もたて)て候ふ。僧正、「何ぞ」と問給へば、助泥、「其の事に候ふ。破子五つ否(え)借り得候はぬ也」と、したり顔に申す。僧正、「然て」と宣へば、音を少し短(ひきやか)に成して、「今五つは入物の候はぬ也」と申す。僧正、「然て、今五つは」と問へば、助泥、音を極く窃にわななかして、「其れは掻断て忘れ候にけり」と申せば、僧正、「物に狂ふ奴かな。催さましかば、四五十荷も出来なまし。此奴は何に思て此る事をば闕つるぞ」と、「問はむ」とて、「召せ」と喤しり給けれども、跡を暗くして逃て去にけり。

此の助泥は、物可咲しく云ふ者にてなむ有ける。此れに依て「助泥が破子」と云ふ事は云ふ也けり。此れ嗚呼(をこ)の事也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-9.txt · 最終更新: 2015/02/11 02:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa