Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第39話 寸白任信濃守解失語 第卅九

今昔、腹中に寸白持たりける女有けり。□□の□□と云ける人の妻に成て、懐妊して男子を産てけり。其の子をば、□□とぞ云ける。漸く長(おとな)に成て、冠などして後、官得て、遂に信濃の守に成にけり。

始めて其の国に下けるに、坂向への饗(あるじ)を為たりければ、守、其の饗に着て居たりけるに、守の郎等も多く着たり。国の者共も多く集たりけるに、守、饗に着て見下すに、守の前の机より始めて、畢の机に至まで、胡桃一種を以て、数に調へ成して、悉く盛たり。守、此れを見るに、為む方無く侘しく思て、只我が身を洨(しぼ)る様にす。

然れば、思ひ侘て、守の云く、「何なれば、此の饗に、此く胡桃をば多く盛たるぞ。此は何なる事ぞ」と問へば、国人の申さく、「此の国には、万の所に胡桃の木多く候ふ也。然れば、守(かう)の殿の御菜にも、御館の上下の人にも、只此胡桃を万に備へ候ふ也」と答ふれば、守、弥よ為む方無く侘しく思えて、只身を洨る様にす。

然れば、穴□□迷(まどひ)て術無気に思へる気色を、其の国の介にて有ける者の、年老て万の事知て物思えける有けり、此の守の気色を見て、「怪」と思て思ひ廻すに、「若し、此の守は寸白の人に成て産(うまれ)たるが、此の国の守と成て来たるにこそ有めれ。此の気色見るに、極く心得ず。此れ試む」と思て、旧酒に胡桃を濃く摺入れて、提(ひさげ)に入て、熱く涌して、国の人に持せて、此の介は盞を折敷に居へて、目の上に捧て畏まりたる様にして、守の御許に持参れり。

然れば、守、盞を取たるに、介、提を持上て、守の持たる盞に酒を入るに、酒に胡桃を濃く摺入たれば、酒の色白くして濁たり。守、此れを見て、糸心地悪気に思て、酒を盞に一坏(ひとつき)入れて、「此の酒の色の、例の酒にも似ず白く濁たるは、何なる事ぞ」と問へば、介、答へて云く、「此の国には、事の本として、守の下り給ふ坂向へに、三年過たる旧酒に胡桃を濃く摺入れて、在庁の官人、瓶子を取て守の御前に参て奉れば、守、其の酒を食す事、定れる例也」と、事々しく云ふ時に、守、此れを聞て、気色弥よ只替に替て、篩(ふる)ふ事限無し。

然れども、守が、「定りて食す事也」と責れば、守、篩々ふ盞を引寄するままに、「実には寸白男、更に堪ふべからず」と云て、散(さ)と水に成て流れ失にけり。然れば、其の体も無く成ぬ。

其の時に、郎等共、此れを見て、驚き騒て、「此は何なる事ぞ」と云て、怪び喤る事限無し。其の時に、此の介が云く、「其こ達は此の事を知り給はずや。此れは寸白の人に生れて御たりける也。胡桃の多く盛られたるを見給て、極く堪へ難気に思給ひたりつる気色を見給へて、己は聞置たる事の侍れば、『試む』と思給へて、此く仕たりつるに、否(え)堪給はずして、解給ひたる也」と云て、皆国人を具して、棄て国へ返ぬ。

守の共の者共、云ふ甲斐無き事なれば、皆京に返上にけり。この由を語ければ、守の妻子眷属も、皆此れを聞て、「早う、寸白の成たる人にこそ有けれ」とは、其よりなむ知ける。

此れを思ふに、寸白も、然は、人に成て生る也けり。聞く人は此れを聞て咲けり。希有の事なれば、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-39.txt · 最終更新: 2015/02/24 17:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa