Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第31話 大蔵大夫藤原清廉怖猫語 第卅一

今昔、大蔵の丞より冠給はりて、藤原の清廉と云ふ者有き。大蔵の大夫となむ云ひし。

其れが、前世に鼠にてや有けむ、極く猫になむ恐ける。然れば、此の清廉が行き至る所々には、男女の勇たるは、清廉を見付つれば、猫を取出て見すれば、清廉、猫をだに見つれば、極き大切の要事にて行たる所なれども、顔を塞て逃て去ぬ。然れば、世の人々、此の清廉をば、猫恐(ねこおぢ)の大夫とぞ付たる。

然て、此の清廉、山城・大和・伊賀三箇国に、田を多く作て、器量の徳人にて有るに、藤原の輔公の朝臣、大和の守にて有る時に、其の国の官物を、清廉、露成さざりければ、守、「何(いかに)して此れを責取らむ」と思ふに、「無下の田舎人などにも非ず、諸司の労の五位にて、京に為行(しある)く者なれば、庁などにも下すべきにも非ず。然とも、緩べて有れば、盗人の心有る奴にて、此彼(とかく)云て出しも遣(おこ)さず。何がせまし」と思ひ廻して居たる程に、清廉、守の許に来ぬ。

守、謀べき様を案じて、侍の宿直(とのゐ)壺屋の極く全くて、二間(ふたま)許有る所に、守一人入て居ぬ。然て、「彼の大蔵の大夫、此に坐せ。忍て聞(きこえ)ぬべき事有」と云せたれば、清廉、例は気色悪1)気に坐する守の、此く逶(すみ)やかに宿直壺屋に呼び入れ給へば、喜を成して、垂布を引開て、ゆくりも無く這入ぬれば、後より侍出来て、其の入つる遣戸をば引立てつ。

守は奥の方に居て、「此に」と招けば、清廉、畏まりつつ居ざり寄るに、守の云く、「大和の任は漸く畢ぬ。只、今年許也。其れに、何(いか)に官物の沙汰をば、今まで沙汰し遣らぬぞ」と、「何に思ふ事ぞ」と。

清廉、「其の事に候ふ。此の国一つの事にも候はず。山城・伊賀の事を沙汰仕り候ふ間に、何方にも沙汰仕り遣らずして、事多く罷成にたれば、否(え)仕り遣らぬを、今年の秋、皆成し畢候ひなむとす。異折にこそ、此も彼も候はめ。殿の御任には何かでか愚には候はむ。此まで下(くだり)申て候こそ、心の内には奇異(あさまし)く思給へ候へば、今は何にても仰せに随て、員のままに弁へ申てむと為る物をば、穴糸惜し、千万石也と云ふとも、未進は罷り負なむや。年来、随分の貯へ仕りたれば、此まで疑ひ思食して仰せ給ふこそ、口惜く候へ」と云て、心の内には、「此は何事云ふ貧窮にか有らむ。屁をやはひり懸けぬ。返らむままに、伊賀の国の東大寺の庄の内に入居なむには、極からむ守の主也とも、否や責め給はざらむ。何なる狛(をこ)の者の、大和の国の官物をば弁へけるぞ。前にも天の分地の分に云ひ成して止ぬる物を。此の主の、したり顔に、此く『慥に取らむ』と宣ふ、嗚呼(をこ)の事也かし。大和の守に成給ふにて、思えの程は見えぬ。可咲き事也かし」と思へども、現には極く畏まりて、手を摺つつ云ひ居たるを、守、「盗人なる心にて、否主此く口浄くな云ひそ。然りとも、返なば、使にも会はずして、其の沙汰よも為じ。然れば、今日、其の沙汰切てむと思ふ也。主、物成さずして。否返らじ」と云へば、清廉、「我が君、罷返て、月の内に弁へ切候ひなむ」と云ふを、守、更に信ぜずして云く、「主を見進(たてまつり)て、既に年来に成ぬ。主も亦輔公を見て、久く成ぬらむ。然れば、互に情無き事をば否翔(ふるまは)ぬ也。然れども、只今有る心にて、此の弁へ畢てよ」と。清廉、「何でか此ては弁へ申し候はむ。罷返て、文書に付てこそは、沙汰し申し候はめ」と云ふ。

其の時に、守、音糸高く成て、居上て、左右の腰をゆすり上て、気色糸悪く成て、「主、然は、今日弁じとや。今日、輔公、主に会て、只死なむと思ふ也。更に命惜からず」と云て、「男共や有る」と、声高やかに呼ぶに、二音許に呼べども、清廉、聊か動も為ずして、頬咲て、只守の顔を護て居たり。

而る間、侍、答へして出来たれば、守、「其の儲たりつる物共、取て詣来」と云へば、清廉、此れを聞て、「我には否恥は見せじ物を。何事を何にせむとて、此は云ふにか有らむ」と思ひ居たる程に、侍共、五六人許が足音して来て、遣戸外にて、「将参て候ふ」と云へば、守、「其の遣戸を開て、此を入れよ」と云へば、遣戸を開るを、清廉見遣れば、灰毛斑なる猫の、長一尺余許なるが、眼は赤くて琥珀を磨き入たる様にて、大音を放て鳴く。只同様なる猫、五つ次(つづ)きて入る。其の時に清廉、目より大なる涙を落して、守に向て手を摺て迷(まど)ふ。

而る間、五つの猫、壺屋の内に離て入て、清廉が袖を聞(か)ぎ、此の角彼の角を走り行くに、清廉、気色只替りに替て、堪え難気に思たる事限無し。守、此れを見るに、糸惜ければ、侍を呼び入れて、皆引出させて、遣戸の許に縄を短くて繋せつ。其の時に、五つの猫の鳴き合たる音、耳を響かす。

清廉、汗水に成て、目を打叩て、生たるにも非ぬ気色にて有れば、守、「然は、官物出さじとや、何かに。今日其の切てむ」と云へば、清廉、無下に音替りて、篩(ふるふ)々ふ云く、「只仰せ事に随はむ。何にも命の候はむぞ、後にも弁しても候べき」と。

其の時に、守、侍を呼て、「然は、硯と守と取て持て来」と云へば、侍、取て持来たり。守、其れを清廉に指取せて、「成すべき物の員は、既に五百七十余石也。其れを七十余石は家に返て算を置て、吉く計(かぞ)へて成すべき也。五百石に至ては、慥に下文(くだしぶみ)を成せ。其の下文をば、伊賀の国の納所に成すべきに非ず。此く許の心にては、虚下文もぞ為る。然れば、大和の国の宇陀の郡の家に有る稲・米を下すべき也。其の下文を書かずば、亦有つる様に、猫を放ち入れて、輔公は出なむ。然て、壺屋の遣戸を外より封結に籠て出なむ」と云へば、清廉、「只、我が君、我が君、然ては清廉は暫くも生ては候ひなむや」と云て、手を摺て、宇陀の郡の家に有る稲・米・籾三種の物を、五百が方に下文を書て、守に取らせつ。

其の時に、守、下文を取つれば、清廉をば出しつ。下文をば郎等に持せて、清廉を具して、宇陀の郡の家に遣て、下文のままに悉く下(くださせ)て、慥になむ取てける。

然れば、「清廉が猫に恐るを、嗚呼の事と見つれども、大和の守輔公の朝臣の為には、極たる要事にてなむ有ける」とぞ、其の時の人、云繚(いひしらひ)て、世挙て咲合へりとなむ語り伝へたるとや。

1)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku28-31.txt · 最終更新: 2015/02/20 17:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa