Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第29話 中納言紀長谷雄家顕狗語 第廿九

今昔、中納言紀の長谷雄と云ふ博士有けり。才賢く、悟広くして、世に並び無く止事無き者には有けれども、陰陽の方をなむ、何(いか)にも知らざりけり。

而る間、狗の常に出来て、築垣を越つつ尿をしければ、此れを怪と思て、□□の□□と云ふ陰陽師に此の事の吉凶を問たりければ、「某の月、某の日、家の内に鬼現ずる事有らむとす。但し、人を犯し、祟を成すべき者には非ず」と占たりければ、「某の日、物忌為べきななり」と云て止ぬ。

而る間、其の物忌の日に成て、其の事忘れて、物忌も為ざりけり。然て、学生共を集めて、作文して居たりけるに、文頌する盛(さかり)に、傍に物共取置たりける塗籠の有ける内の方に、極て怖し気なる者の音にて吠ければ、居並たる学生共、此の音を聞て、「此れは何の音ぞ。□り」と云つつ、恐ぢ迷(まどひ)ける程に、其の塗籠の戸を少し引開たりけるより、動出る者有り。

見れば、長二尺許有る者の、身は白くて、頬は黒し。角(つ)の一つ生て黒し。足四つ有て白し。此れを見て、皆人、恐迷ふ事限無し。

而るに、其の中に一人の人、思量有り。心強かりける者にて、立走るままに、此の鬼の頭の方をはたと蹴りたりければ、頭の方の黒き物を蹴抜きつ。其の時に見れば、白き狗の「行」と哭(なき)て立てり。

早う、狗の楾(はんざふ)に頭を指入てけるを、否(え)引出でで、鳴く音の怪しき也けり。其れが走り出たるを、物恐を為ず量り有ける者の、「狗の然か有ける也けり」と見て、蹴顕したる也けり。此く見て後になむ、人共、肝落居、心直りける。其の後は、集て咲けり。

「然れば、実の鬼に非ねども、現に人の目に鬼と見ゆれば、鬼とは占ける也。其れに、『人を犯し、祟を成すべき者には非ず』と占ひたる、実に微妙き事也」と云てぞ、人々、皆占を讃め喤りける。

「但し、中納言の、然許才有る博士にては、物忌の日を忘る。最(い)と云ふ甲斐無く弊(あし)き事也」とぞ、聞く人、謗ける。其の比は此の事をなむ、世に云ひ繚(しら)ひ咲けるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-29.txt · 最終更新: 2015/02/19 20:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa