Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第28話 尼共入山食茸舞語 第廿八

今昔、京に有ける木伐人共、数(あまた)北山に行たりけるに、道を踏違て、何方へ行くべしとも思えざりければ、四五人許、山の中に居て歎ける程に、山奥の方より、人数来ければ、「怪く何者の来るにか有らむ」と思ける程に、尼君共の四五人許、極く舞ひ乚(かなで)て出来たりければ、木伐人共、此れを見て、恐ぢ怖れて、「此の尼共の、此く舞ひ乚て来るは、定めてよも人には非じ。天狗にや有らむ。亦、鬼神にや有らむ」となむ思て、見居たるに、此の舞ふ尼共、此の木伐人共を見付て、只、寄に寄来れば、木伐人共、「極く怖し」とは思ひ乍ら、尼共の寄来たるに、「此は何なる尼君達の、此くは舞ひ乚て、深き山の奥よりは出給たるぞ」と問ければ、尼共の云く、「己等が此く舞ひ乚て来てば、其達、定めて恐れ思らむ。但し、我等は其々(そこそこ)に有る尼共也。「花を摘て仏に奉らむ」と思て、朋(とも)なひて入たりつるが、道を踏み違へて、出づべき様も思えで有つる程に、茸の有つるを見付て、物の欲きままに、『此れを取て食ひたらむ、酔やせむずらむ』とは思ひ乍ら、『餓て死なむよりは、去来(いざ)、此れ取て食む』と思て、其れを取て、焼て食つるに、極く甘かりつれば、『賢き事也』と思て食つるより、只、此く心ならず舞はるる也。心にも、『糸怪しき事かな』とは思へども、糸怪くなむ」と云に、木伐人共、此れを聞て奇異(あさまし)く思ふ事、限無し。

然て、木□人共も、極く物の欲かりければ、尼共の食残して、取て多く持ける其の茸を、「死なむよりは、去来、此の茸乞て食む」と思て、乞て食ける後より、亦、木伐人共も、心ならず舞はれけり。然れば、尼共も、木伐人共も、互に舞つづけて咲ける。然て、暫く有ければ、酔の悟たるが如くして、道も思えで、各返にけり。

其れより後、此の茸をば、舞茸と云ふ也けり。此れを思ふに、極て怪き事也。近来も其の舞茸有れども、此れを食ふ人、必ず舞はず。此れ、極て不審(いぶかし)き事也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-28.txt · 最終更新: 2015/02/18 01:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa