Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第22話 忠輔中納言付異名語 第廿二

今昔、中納言藤原の忠輔と云ふ人有けり。此の人、常に仰(あふのき)て空を見る様にして有ければ、世の人、此れを仰き中納言と付たりける。

而るに、其の人の右中弁にて殿上人にて有ける時に、小一条の左大将済時と云ける人、内に参り給へりけるに、此の右中弁に会ぬ。大将、右中弁の仰たるを見て、戯れて、「只今、天には何事か侍る」と云はれければ、右中弁、此く云はれて、少し攀縁発ければ、「只今、天には大将犯す星なむ現じたる」と答へければ、大将、頗る半(はした)無く思はれけれども、戯なれば、否(え)腹立たずして、苦(にが)咲て止にけり。

其の後、大将、幾く程も経ずして失給ひけり。然れば、「此の戯の言の為るにや」とぞ、右中弁、思ひ合せける。

人の命を失ふ事は、皆前世の報とは云ひ乍ら、由無からむ戯言(たはこと)云ふべからず。此く思ひ合する事も有れば也。

右中弁は其の後久く有て、中納言まで成て有けれども、尚、其の異名失せずして、世の人、仰中納言とぞ付て咲けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-22.txt · 最終更新: 2015/02/15 18:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa