Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第18話 金峰山別当食毒茸不酔語 第十八

今昔、金峰山の別当にて有ける老僧有けり。古は、金峰山の別当は、彼の山の一臈をなむ用ける。近う成て、然は無き也けり。

其れに、年来、一臈なる老僧、別当にて有けるに、次の臈なる僧有て、「此の別当、早う死ねかし。我れ別当に成らむ」と懃に思けれども、強よ強よとして死に気も無かりければ、此の二臈の僧、思ひ侘て思ひ得る様、「此の別当が年は八十に余ぬれども、身すこやかに、七十に無く強々として有に、我れも既に七十に成ぬ。若し我れ別当にも成らで、前に死ぬる事もぞ有る。然れば、此の別当を打殺させむも聞え現はなりぬべければ、只、毒を食せて殺してむ」と思ふ心付ぬ。

「三宝の思食さむ事も怖しけれども、然りとては何がはせむ」と思て、其の毒を思ひ廻すに、「人の必ず死ぬる事は、茸の中に和太利と云ふ茸こそ、人、其れを食ひつれば、酔て必ず死ぬれ。此れを取て、艶(えもいは)ず調美して、「平茸ぞ」と云て、此の別当に食せてば、必ず死なむとす。然て、我れ別当に成らむ」と謀て、秋比也ければ、自ら人も具さずして山に行て、多く和太利を取り持来にけり。生夕暮方に房に返て、人にも見せずして、皆鍋に切入つ。煎物に艶ず調美してけり。

然て、夜明て未だ朝(つとめて)、別当の許に人を遣て、「急(き)と御座せ」と、云はせたれば、別当、程も無く杖を突て出来たり。房主、指向ひ居て云く、「昨日、人の微妙き平茸を給ひたりしを、『煎物にして食せむ』とて、申し候ひつる也。年老ては、此様の美(うまき)物の欲く侍る也」など語らへば、別当、喜て、打うなづきて居たるに、糄(ひめ)をして此の和太利の煎物を温めて、汁物にて食せたれば、別当、糸吉く食つ。房主は、例の平茸を、別に構てぞ食ける。

既に食畢て、湯など飲つれば、房主、「今はし得つ」と思て、「今や、物突(つき)迷(まど)ひ頭を痛がり狂ふ」と、心もと無く見居たるに、惣て其の気色も無ければ、「極く怪し」と思ふ程に、別当、歯も無き口を少し頬咲て云く、「年来、此の老法師は、未だ此く微妙く調美せられたる和太利をこそ食候はずなりぬれ」と、打云て居たれば、房主、「然は、知たりける也けり」と思ふに、奇異(あさまし)と云へば愚也や。恥くて、更に物も否(え)云はずして、房主、入ぬれば、別当も房へ返りにけり。

早う、此の別当は、年来和太利を役と食けれども、酔はざりける僧にて有けるを、知らで構たりける事の、支度違て止にけり。

然れば、毒茸を食へども、露酔はぬ人の有ける也けり。此の事は、其の山に有ける僧の語けるを聞き伝へて、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku28-18.txt · 最終更新: 2015/02/13 21:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa