Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第15話 豊後講師謀従鎮西上語 第十五

今昔、豊後の講師□□と云ふ者有けり。講師に成て、国に下て有けるに、任畢にければ、「亦任をも延べむ」と思ひ、然るべき財共船に取り積て、京へ上けるに、相知れる者共の云ける様、「近来、海には海賊多かなり。其れに、然るべき兵仕も具さで、物をば多く船に取り積て上り給ふは、糸心幼き事也。尚、然べからむ者共を語ひて、具して将御せ」と。講師が云く、「事為るに、錯て海賊の物を我は取るとも、我が物をば海賊取てむや」とて、船に胡録三腰許取り入て、墓々しき兵立たる者、一人も具さで上けり。

国々を通り持行くに、□□程にて、怪き船二三艘許、後前きに出来ぬ。横様に渡り、亦後に有て、講師が船を衛(かこみ)つ。此の船の内なる者共、「海賊来にけり」とて、恐ぢ迷ふ事、糸極じ。然れども、講師、露動かず。

然る間、海賊の船、一艘押寄す。漸く近く寄する程に、講師、青色の織物の直垂を着て、柑子色なる紬の帽子をして、□の方に少(すこし)居ざり出て、簾を少し巻上て、海賊に向て云く、「何人の此は寄り坐るぞ」と。海賊の云く、「侘人の粮少し申さむが為に参たる也」と。講師の云く、「此の船には粮も少し有り。軽物も人要す許の物は少々有り。何にまれ、其達(そこたち)の御心に任す。侘人など名乗れば、糸惜さに少々をも進(たてまつら)ま欲しけれども、筑紫の人の聞て云はむ様は、『伊佐の入道は其々(そこそこ)にて海賊に値て、縛られて、船の物皆取られにけり』とこそは云はむずらめ」と、「然れば、心とは否(え)進るまじき也。能観、既に年八十に成なむとす。此まで生たる事、思懸ぬ事也。東の度々の戦に生遁て、八十に及て、八十に及て、其達に殺さるべき報こそは有らめ。此れ兼て思つる事也。今始めて驚くべき事に非ず。然れば、其達、疾く此の船に乗り移て、此の老法師の頸を掻切れ。此の船に侍る男共、穴賢、彼の主達に手向な為そ。今、出家して後しも、今更に戦を為べきに非ず。此の船を疾く漕よせて、彼の主達を乗せ進れ」と。

海賊、此れを聞て、「伊佐の平新発(しんぼち)1)の座するにこそ有れ。疾く逃げよ。己等」と云て、船を漕次(こぎつづけ)て逃にけり。海賊の船は、疾く構たる船なれば、鳥の飛が如くして去ぬ。

其の時に、講師、従者共に、「此れを見よ、己等。現に我れや、海賊に物取られたる」と云て、平かに物共京に持上て、亦、其の国の講師に更に成て下ける度には、然るべき人の下けるに付て、筑紫に下て、道の事共を人に語ければ、「極き盗人の老法師也や」とぞ、聞く人讃ける。「『伊佐の新発と名乗らむ』と思ひ寄ける心は、現に伊佐の新発にも増(まさり)たりける奴也かし」と云てぞ、人咲ひける。

「此の講師は、物云ひ可咲き奴にてぞ有ければ、然も云ける也」となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「新発丹本等新発意ニ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku28-15.txt · 最終更新: 2015/02/12 14:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa