Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第8話 於内裏松原鬼成人形噉女語 第八

今昔、小松の天皇1)の御世に、武徳殿の松原を、若き女三人打群て、内様へ行(あるき)けり。八月十七日の夜の事なれば、月き極て明し。

而る間、松の木の本に、男一人出来たり。此の過る女の中に、一人を引へて、松の木の景にて、女の手を捕へて物語しけり。今二人の女は、「今や物云畢(いひはて)て来る」と待立てけるに、良(やや)久く見えず。物云ふ音も為ざりければ、「何なる事ぞ」と怪しく思て、二人の女寄て見るに、女も男も無し。「此れは何くへ行にけるぞ」と思て、吉く見れば、只、女の足手離れて有り。

二人の女、此れを見て、驚て走り逃て、衛門の陣に寄て、陣の人に此の由を告ければ、陣の人共、驚て其の所に行て見ければ、凡そ骸(かばね)散たる事無くして、只足手のみ残たり。其の時に、人集り来て、見喤しる事限無し。「此れは、鬼の人の形と成て、此の女を噉(くひ)てける也けり」とぞ、人云ける。

然れば、女、然様に人離れたらむ所にて、知らざらむ男の呼ばむをば、広量(おもひはかり)して、行くまじき也けり。努怖るべき事也となむ語り伝へたるとや。

1)
光孝天皇
text/k_konjaku/k_konjaku27-8.txt · 最終更新: 2015/01/14 01:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa