Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第7話 在原業平中将女被噉鬼語 第七

今昔、右近の中将在原の業平と云ふ人有けり。極き世の好色にて、世に有る女の形ち美(うるはし)と聞くをば、宮仕人をも人の娘をも見残す無く、「員を尽して見む」と思けるに、或る人の娘の、形ち・有様世に知らず微妙しと聞けるを、心を尽して極く仮借(けさう)しけれども、「止事無からむ聟取らせむ」と云て、祖(おや)共の微妙く傅(かしづき)ければ、業平の中将、力無くして有ける程に、何にしてか構へけむ、彼の女を密に盗出してけり。

其れに、忽に将隠すべき所の無かりければ、思ひ繚(わづらひ)て、北山科の辺に、旧き山庄の荒て人も住まぬが有けるに、其の家の内に大きなるあぜ倉有けり。片戸は倒れてなむ有ける。屋は板敷の板も無くて、立寄べき様も無かりければ、此の倉の内に畳一枚を具して、此の女を具して将行て臥せたりける程に、俄に雷電霹靂して喤(ののしり)ければ、中将、太刀を抜て、女をば後の方に押遣て、起居てひらめかしける程に、雷も漸く鳴止にければ、夜も曙ぬ。

而る間、女、音為ざりければ、中将、怪むで見返て見るに、女の頭の限と着たりける衣共と許残たり。中将、奇異(あさまし)く怖しくて、着物をも取敢へず、逃て去(い)にけり。

其れより後なむ、此の倉は人取り為る倉とは知ける。然れば、雷電霹靂には非ずして、倉に住ける鬼のしけるにや有けむ。

然れば、案内知らざらむ所には、努々立寄るまじき也。況や宿(やどり)せむ事は思懸くべからずとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-7.txt · 最終更新: 2015/01/13 21:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa