Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第39話 狐変人妻形来家語 第卅九

今昔、京に有ける雑色男の妻、夕暮方に暗く成程に、要事有て大路に出たりけるが、良(やや)久く返来ざりければ、夫、「何と遅(おそく)は来ならむ」と、怪く思て居たりける程に、妻、入来たり。

然て、暫許有る程に、亦、同顔にして、有様露許も違たる所も無き妻、入来たり。夫、此れを見るに、奇異(あさまし)き事限無し。「何にまれ、一人は狐などにこそは有らめ」と思へども、何れを実の妻と云ふ事を知らねば、思ひ廻すに、「後に入来たる妻こそ、定めて狐にては有らめ」と思て、男、大刀を抜て、後に入来たりつる妻に、走り懸りて切らむと為れば、其の妻、「此は何かに。我をば此は為るぞ」と云て泣けば、亦、前に入来たりつる妻を切らむとて、走り懸れば、其れも亦、手を摺て泣き迷(まど)ふ。

然れば、男、思ひ繚(わづらひ)て、此彼(とかく)騒ぐ程に、尚、前に入来たりつる妻の怪しく思えければ、其れを捕へて居たる程に、其の妻、奇異く臭き尿を散(さ)と馳懸たりければ、夫、臭さに堪へずして、打免たりける際に、其の妻、狐に成て、戸の開たりけるより、大路に走り出て、こうこうと鳴て逃去(にげい)にけり。其の時に、男、妬く悔しく思けれども、更に甲斐無し。

此れを思ふに、思量も無かりける男也かし。暫く思ひ廻して、二人の妻を捕へて、縛り付て置たらましかば、終には顕れなまし。糸口惜く逃したる也。

郷の人共も、来集て見喤ける。狐も益無き態かな。希有の命を生てぞ逃にける。妻の大路に有けるを見て、狐の其の妻の形と変じて謀たりける也。

然れば、此様の事の有らむには、心を静めて、思ひ廻らすべき也。「希有に実の妻を殺さざりける事こそ賢けれ」とぞ、人云ひけるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-39.txt · 最終更新: 2015/01/30 22:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa