Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第35話 有光来死人傍野猪被殺語 第卅五

今昔、□□の国□□の郡に、兄弟二人の男有けり。共に心猛くして、思量有ける。

而るに、其の祖(おや)死にければ、棺(ひつぎ)に入れて蓋を覆て、一間有ける離たる所に置て、葬送の日の遠かりければ、日来有ける程に、自然ら髴(ほのか)に人の見て云ける様、「此の死人置たる所の、夜半許に、光る事なむ有る。怪き事也」と告ければ、兄弟、此れを聞て、「此は若し、死人の物などに成て光るにや有らむ。亦、死人の所に物の来るにや有らむ。然らば、此れ構へて見顕かさばや」と云ひ合せて、弟、兄に云く、「我が音せむ時に、火を燃(とも)して、必ず疾く持来れ」と契て、夜に成て、弟、密に彼の棺の許に行て、棺の蓋を仰様(のけざま)に置て、其の上に、裸にて髻を放て、仰様に臥して、刀を身に引副へて、隠して持たりけるに、「夜半には成ぬらむ」と思ふ程に、和(やは)ら細目に見ければ、天井(くみいれ)に光る様にす。

二度許光て後、天井を掻開て、下来る者(も)の有り。目を見開かねば、慥に何物とは見えず。大きやかなる者、板敷にどうと着ぬなり。此る程に、真さをに光たり。

此の者、臥たる棺の蓋を取て、傍に置むと為るを、押量て、ひたと抱付て、音を高く挙て、「得たり。をう」と云て、脇と思しき所に刀を𣠽(つか)口まで突立てつ。其の時に光りも失。

而る間、兄の儲け待つ事なれば、兄、程無く、火を燃て持来たり。抱き付乍ら見れば、大きなる野猪(くさゐなぎ)の毛も無きに抱付きて、脇に刀を突立てられて死て有り。見るに糸奇異(あさまし)き事、限無し。

此れを思ふに、棺の上に臥たる弟の心、糸むくつけし。「死人の所には、必ず鬼有り」と云ふに、然か臥たりけむ心、極て有難し。野猪と思る時にこそ心安けれ。其の前は、只鬼とこそ思ふべけれ。火燃て疾く来る人は有なむ。

亦、野猪は由無き命亡す奴也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-35.txt · 最終更新: 2015/01/29 02:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa