Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第29話 雅通中将家在同形乳母二人語 第廿九

今昔、源の雅通の中将と云ふ人有き。丹波中将となむ云ひし。其の家は、四条よりは南、室町よりは西也。

彼の中将、其の家に住ける時に、二歳許の児を乳母抱て、南面也ける所に、只独り離れ居て、児を遊ばせける程に、俄に児の愕(おび)ただしく泣きけるに、乳母も喤る音のしければ、中将は北面に居たりけるが、此れを聞て、何事とも知らで、大刀を提て走り行て見ければ、同形なる乳母二人が、中に此の児を置て、左右の手足を取て引しろふ。

中将、奇異(あさましく)思て、吉く守れば、共に乳母の形にて有り。何れか実の乳母ならむと云ふ事を知らず。

然れば、「一人は定めて狐などにこそは有らめ」と思て、大刀をひらめかして走り懸ける時に、一人の乳母、掻消つ様に失にけり。

其の時に、児も乳母も死たる様にて臥したりければ、中将、人共を呼て、験有る僧など呼ばせて、加持せさせなどしければ、暫許有て、乳母、例心地に成て、起上たりけるに、中将、「何なるつる事ぞ」と問ひければ、乳母の云く、「若君を遊ばかし奉つる程に、奥の方より、知らぬ女房の俄に出来て、『此れは我が子也』と云て、奪取つれば、『奪はれじ』と引しろひつるに、殿の御まして、大刀をひらめかして走り懸らせ給ひつる時になむ、若君も打棄て、其の女房、奥様へ罷つる」と云ければ、中将、極く恐けり。

然れば、「人離れたらむ所には、幼き児共を遊ばすまじき事也」となむ、人云ける。狐の□たりけるにや。亦、物の霊にや有けむ。知る事無くて止にけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-29.txt · 最終更新: 2015/01/25 15:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa