Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第27話 白井君銀提入井被取語 第廿七

今昔、世に白井の君と云ふ僧有き。此の近くぞ失にし。其れ、本は高辻西の洞院に住しかども、後には、烏丸よりは東、六角よりは北に、烏丸面に六角堂の後合せにぞ住し。

其の房に、井を堀けるに、土を投上たりける音の、石に障て金の様に聞えけるを聞き付て、白井の君、此れを怪むで、寄て見ければ、銀の鋺(かなまり)にて有けるを、取て置てけり。其の後に異銀など加へて、小(ささ)やかなる提(ひさげ)に打せてぞ持たりける。

而る間、備後の守藤原の良貞と云ふ人に、此の白井の君は、事の縁有て親かりし者にて、其の備後の守の娘共、彼の白井が房に行て、髪洗ひ湯浴(あみ)ける日、其の備後の守の半物(はしたもの)の、此の銀の提を持て、彼の鋺掘出したる井に行て、其の提を井の筒に居(す)へて、水汲む女に水を入させける程に、取はづして、此の提を井に落し入れてけり。

其の落し入るをば、やがて白井の君も見ければ、即ち人を呼て、「彼(あ)れ取上よ」と云て、井に下して見せけるに、現に見えざりければ、「沈にけるなめり」と思て、人を数(あまた)井に下して捜せけるに、無かりければ、驚き怪むで、忽に人を集めて、水を汲干して見けれども無し。遂に失畢(うせはて)にけり。此れを人の云ひけるは、「本の鋺の主の、霊にて取返してけるなめり」とぞ云ひける。

然れば、由無き鋺を見付て、異銀さへを加へて取られにける事こそ、損なれ。此れを思ふに、定めて霊の取返したると思ふが、極て怖しき也。此なむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-27.txt · 最終更新: 2015/01/25 02:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa