Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第25話 女見死夫来語 第廿五

今昔、大和の国□□の郡に住む人有けり。一人の娘有。形美麗にして心労たかりければ、父母、此れを傅きけり。

亦、河内の国□□の郡に住む人有けり。一人の男子有けり。年若くして形ち美かりければ、京に上て宮仕して、笛をぞ吉く吹ける。心ばへなども可咲かりければ、父母此れを愛しけり。

而る間、彼の大和の国の人の娘、形ち有様美麗なる由を伝へ聞て、消息を遣て、懃に仮借(けさう)しけれども、暫くは聞入れざりけるを、強に云ければ、遂に父母此れを会せてけり。其の後、限無く相思て棲ける程に、三年許有て、此の夫、思懸ず身に病を受て、日来煩ける程に、遂に失にけり。

女、此れを歎き悲むで、恋ひ迷(まどひ)ける程に、其の国の人、数(あまた)消息を遣て仮借しけれども、聞きも入れずして、尚死たる夫をのみ恋ひ泣て、年来を経るに、三年と云ふ秋、女、常よりも涙に溺れて泣き臥たりけるに、夜半許に笛を吹く音の遠く聞えければ、「哀れ、昔の人に似たる物かな」と弥よ哀れに思けるに、漸く近く来て、其の女の居たりける蔀の許に寄来て、「此れ開けよ」と云ふ音、只昔の夫の音なれば、奇異(あさまし)く哀れなる物から、怖しく和(やは)ら起て、蔀の迫(はざま)より臨ければ、男、現に有て立てり。打泣て、此く云ふ。

  しでの山こえぬる人のわびしきはこひしき人にあはぬなりけり

とて、立てる様、有し様なれど、怖しかりけり。

紐をぞ解て有ける。亦、身より煙1)(けぶり)の立ければ、女、怖しくて物も云はざりければ、男、「理也や。極く恋給ふが哀れにあれば、破無き暇を申して参り来たるに、此く恐ぢ給へば、罷り返なむ。日に三度、燃る苦をなむ受たる」と云て、掻消つ様に失にけり。然れば、女、「此れ夢か」と思けれども、夢にも非ざりければ、「奇異」と思て止にけり。

此れを思ふに、人死にたれども、此く現にも見ゆる者也けりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本異体字、火偏に雲
text/k_konjaku/k_konjaku27-25.txt · 最終更新: 2015/01/24 14:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa