Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第20話 近江国生霊来京殺人語 第二十

今昔、京より美濃・尾張の程に下らむと為る下臈有けり。

「京をば、暁に出(いでん)」と思けれども、夜深く起て行ける程に、□□と□□との辻にて、大路に青ばみたる衣着たる女房の裾取たるが、只独り立たりければ、男、「何なる女の立てるにか有らむ。只今定めて、よも独りは立たじ。男具したらむ」と思ひて、歩み過ける程に、此の女、男に云く、「彼(あ)の御する人は、何(いづ)ち御する人ぞ」と問へば、男、「美濃・尾張の方へ罷り下る也」と答ふ。女の云く、「然ては、怱ぎ給らむ。然は有れども、大切に申すべき事の侍る也。暫し立ち留まり給へ」と。

男、「何事にか候らむ」と云て、立留たれば、女の云く、「此の辺に民部の大夫の□□と云ふ人の家は、何こに侍るぞ。其(そこ)へ行かむと思ふに、道を迷(まど)ひて、否(え)行かぬを、丸(まろ)を其へは将御なむや」と。男、「其の人の家へ御せむには、何の故に此には御つるぞ。其の家は、此より七八町許罷てこそ有れ。但し、怱て物へ罷るに、其まで送り奉らば、大事にこそは候はめ」と云へば、女、「尚極て大事の事也。只、具して御せ」と云へば、男、憖に具して行くに、女、「糸喜し」と云て、行けるが、怪く、此の女の気怖しき様に思えけれども、「只有る事にこそは」と思て、此く云ふ民部の大夫の家の門まで送り付つれば、男、「此れぞ其の人の家の門」と云へば、女、「此く怱て物へ御する人の、態と返て、此まで送り付け給へる事、返々す喜しくなむ。自は、近江の国□□郡に、其々に有る然々と云ふ人の娘也。東の方へ御せば、其の道近き所也。必ず音づれ給へ。極て不審き事の有つればなむ」と云て、前に立たりと見つる女の、俄に掻消つ様に失ぬ。

男、「奇異(あさまし)き態かな。門の開たらばこそ、門の内に入ぬとも思ふべきに、門は閉ざされたり。此は何に」と、頭の毛太りて怖しければ、痓(すくみ)たる様にて立てる程に、此の家の内に、俄に泣喤る音有り。「何なる事にか」と聞ば、人の死たる気はひ也。「希有の事かな」と思て、暫く徘徊(たちやすら)ふ程に、夜も曙ぬれば、「此の事の不審さ尋ねむ」と思て、曙畢(あけはて)て後に、其家の内に髴知(ほのしり)たる人の有けるに、尋ね会て、有様を問ければ、其の人の云く、「『近江の国に御する女房の、生霊に入給ひたる』とて、此の殿の、日来不例(つねならず)煩ひ給つるが、此の暁方に、『其の生霊、現たる気色有』など云つる程に、俄に失給ぬる也。然は、此く新たに人をば取り殺す物にこそ有けれ」と語るを聞くに、此の男も生頭痛く成て、「女は喜びつれども、其れが気の為るなめり」と思て、其の日は留まりて、家に返りにけり。

其の後、三日許有てぞ下けるに、彼の女の教へし程を過けるに、男、「去来(いざ)、彼の女の云し事、尋て試む」と思て、尋ければ、実に然る家有けり。寄て、人を以て、「然々」と云ひ入させたりければ、「然る事有らむ」とて、呼入れて、簾超しに会て、「有し夜の喜びは、何れの世にか忘れ聞えむ」など云て、物など食はせて、絹布など取せたりければ、男、極く怖しく思けれども、物など得て、出て下にけり。

此れを思ふに、然は生霊と云ふは、只魂の入て為る事かと思つるに、早う現に我れも思ゆる事にて有にこそ。此れは、彼の民部の大夫が妻にしたりけるが、去にければ、恨を成して、生霊に成て、殺てける也。

然れば、女の心は怖しき者也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-20.txt · 最終更新: 2015/01/22 01:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa