Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第19話 鬼現油瓶形殺人語 第十九

今昔、小野の宮の右大臣と申ける人御けり。御名をば実資とぞ申ける。身の才微妙く、心賢く御ければ、世の人、賢人の右の大臣とぞ名付たりし。

其の人、内に参りて、「罷出」とて、大宮を下(くだり)に御けるに、車の前に少(ちひ)さき油瓶の、踊つつ行(あるき)ければ、大臣、是れを見て、「糸怪き事かな。此れは何物にか有らむ。此れは物の気などにこそ有め」と思給て御けるに、大宮よりは西、□よりは□に有ける人の家の、門は閉ざされたりけるに、此の油瓶、其の門の許とに踊り至て、戸は閉たれば、鎰(かぎ)の穴の有より入らむと、度々踊り上りけるに、無期に否(え)踊り上り得で有ける程に、遂に踊り上り付て、鎰の穴より入にけり。

大臣は此く見置て、返り給て後に、人を教へて、「其々(そこそこ)に有つる家に行て、然気無くて、『其の家に何事か有る』と聞きて返れ」とて、遣たりければ、使、行きて即ち返り来て云く、「彼の家には若き娘の候けるが、日来煩て、此の昼つ方に既に失候にけり」と云ければ、大臣、「有つる油瓶は、然ればこそ、物の気にて有つる也けり。其れが鎰の穴より入ぬれば、殺してける也けり」とぞ思給ける。其れを見給ける大臣も、糸只人には御さざりけり。

然れば、此る1)物の気は、様々の物の形と現じて有る也けり。此れを思ふに、怨を恨けるにこそは有らめ。此なむ語り伝へたるとや。

1)
底本「る」が空白。脱字か
text/k_konjaku/k_konjaku27-19.txt · 最終更新: 2015/01/20 21:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa