Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第17話 東人宿川原院被取吸妻語 第十七

今昔、東の方より、「栄爵尋て買はむ」と思て、京に上たる者有けり。

其の妻も、「此る次でに京をも見む」と云て、夫に具して上たりけるに、宿所の違て無かりければ、忽に行宿るべき所も無くて、川原の院1)の人も無かりけるを、事の縁有て、其の預の者に語ひて借ければ、借してければ、隠れの方の放出(はなちいで)の間に、幕など云ふ物を引廻して、主は居ぬ。

従者共は土なる所に居て、食物などをもせさせ、馬共をも繋せて、日来有ける程に、夕暮方に、其の居たる後の方に有ける妻戸を、俄に内より押開ければ、「内に人の有て開るなめり」と思ふ程に、何にとも思えぬ物の急(き)と手を指出て、此の宿たる妻を取て、妻戸の内に引入つれば、夫、驚き騒て、引留めむと為れども、程も無く引入つれば、怱(いそぎ)寄て、妻戸を引開けむと引けども、程無く閉づれば、開かず成ぬ。

然れば、傍なる𥴩子2)(かうし)・遣戸などを、此(と)引き彼(かう)引き為れども、皆内より懸たれば、開かむやは。夫、奇異(あさまし)く□て、此方は走り彼方へ走り、東西南北を引ども開かねば、傍なる人の家に走寄て、「只今、然々の事なむ有る。此れ助けよ」と云へば、人共数(あまた)出来て、廻々る見れども、開たる所無し。

而る間、夜に入て暗く成ぬ。然れば、思ひ繚(わづらひ)て𨨞を持て切開て、火を燃(とも)して、内に入て求めければ、其の妻を何にしたるにか有けむ、疵も無くて、□□として、棹の有けるに打懸てなむ殺して置たりける。

「鬼の吸殺てけるなめり」とぞ、人々、口々に云ひ合たりけれども、甲斐無くて止にけり。妻死にければ、男も怖れて、逃て外に行にけり。

此る希有の事なむ有る。然れば、案内知らざらむ旧き所には宿るべからずとなむ語り伝へたるとや。

1)
河原院
2)
𥴩は竹冠に隔
text/k_konjaku/k_konjaku27-17.txt · 最終更新: 2015/01/20 15:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa