Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第15話 産女行南山科値鬼逃語 第十五

今昔、或る所に宮仕しける若き女有けり。父母親類も無く、聊に知たる人も無ければ、立寄る所も無くて、只局にのみ居て、「若し病などせむ時に、何かが為む」と心細思けるに、指(させ)る夫も無くて懐妊しにけり。

然れば、弥よ身の宿世押量られて、心一つに歎けるに、先づ産まむ所を思ふに、為べき方無く、云合はすべき人も無し。「主に申さむ」と思も、恥かしくて申出ず。

而るに、此の女、心賢き者にて、思得たりける様、「只我れ其の気色有らむ時に、只独り仕ふ女の童を具して、何方とも無く深き山の有らむ方に行て、何ならむ木の下にても産まむ」と。「若し死なば、人にも知られで止なむ。若し生たらば、然気無き様にて返り参らむ」と思て、月漸く近く成ままには、悲き事云はむ方無く思けれども、然気無く持成して、密に構て、食ふべき物など少し儲て、此の女の童に此の由を云ひ含て過けるに、既に月満ぬ。

而る間、暁方に其の気色思えければ、「夜の曙ぬ前」と思て、女の童に物共拈(したた)め持せて怱ぎ出ぬ。「東こそ山は近かめれ」と思て、京を出て東様に行かむと為るに、川原の程にて夜曙ぬ。「哀れ、何(いづ)ち行かむ」と、心細けれども、念じて、打息み打息み、粟田山の方様に行て、山深く入ぬ。

然るべき所々を見行(あるき)けるに、北山科と云ふ所に行ぬ。見れば、山の片副(かたそひ)に、山庄の様に造たる所有り。旧く壊れ損じたる屋有り。見るに、人住たる気色無し。「此にて産して、我が身独りは出なむ」と思て、構て垣の有けるを超て入ぬ。

放出(はなちいで)の間に、板敷所々に朽残るに上て、突居て息む程に、奥の方より人来る音(お)とす。「穴侘し。人の有ける所を」と思ふに、遣戸の有るを開くるを見れば、老たる女の白髪生たる出来たり。「定めて半(はした)無く云はむずらむ」と思ふに、悪1)からず打咲て、「何人の此は思懸けず御たるぞ」と云へば、女、有のままに泣々語ければ、嫗、「糸哀なる事かな。只此にて産し給へ」と云て、内に呼入るれば、女、「喜(うれし)き事限無し。仏の助け給ふ也けり」と思て入ぬれば、賤(あやし)の畳など敷て取せたれば、程も無く平かに産つ。

嫗来て、「喜き事也。己は年老て、此る田舎に侍る身なれば、物忌もし侍らず。七日許は此て御して返り給へ」と云て、湯など此女の童に涌させて、浴(ゆあみ)しなど為れば、女、喜く思て、棄てむと思つる子も糸厳気(いつくしげ)なる男子にて有れば、否(え)棄てずして、乳打呑せて臥せたり。

此て二三日許有る程に、女、昼寝をして有けるに、此の子を臥せたるを、此の嫗、打ち見て云ける様、「穴、甘気(うまげ)。只一口」と云と髴(ほのか)に聞て後、驚て此の嫗を見るに、極く気怖しく思ゆ。然れば、「此れは鬼にこそ有けれ。我れは必ず噉(く)はれなむ」と思て、「密に構て逃なむ」と思ふ心付ぬ。

而る間、或る時に、嫗の昼寝久くしたりける程に、密に子をば女の童に負せて、我れは軽びやかにして、「仏助け給へ」と念じて其(そこ)を出て、来し道のままに走て逃ければ、程も無く粟田口に出にけり。其より川原様に行て、人の小家に立入て、其にて衣など着直してなむ日暮して、主の許には行たりける。

心賢き者也ければ、此も為るぞかし。子をば人に取らせて養せてけり。其の後、其の嫗の有様を知らず。亦、人に「此る事なむ有し」と語る事も無かりけり。然て、其の女の年など老て後に語ける也。

此れを思ふに、然る旧き所には、必ず物の住にぞ有ける。然れば、彼の嫗も、子を、「穴、甘気。只一口」と云けるは、定めて鬼などにてこそは有けめ。此れに依て、然様ならむ所には、独りなどは立入るまじき事也となむ語り伝へたるとや。

1)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku27-15.txt · 最終更新: 2015/01/18 15:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa