Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻27第10話 仁寿殿台代御灯油取物来語 第十

今昔、延喜の御世に、仁寿殿の台代の御灯油を、夜半許に、物来て取て、南殿様に去(いぬ)る事、夜毎に有る比有けり。

天皇、此れを目ざましき事に思食して、「何で此れを見顕さむ」と仰せられけるに、其の時に□□弁源の公忠と云ける人、殿上人にて有けるが、奏して云く、「此の御灯油取る物をば、捕ふる事は否(え)仕らじ。少(いささか)の事は仕り顕してむ」と。天皇、此れを聞食して、喜ばせ給て、「必ず見顕はせ」と仰せられければ、夜に入て、三月の霖雨(ながあめ)の比、明き所そら尚し暗し、況や南殿の迫(はざま)は極く暗きに、公忠の弁、中橋より密に抜足に登て、南殿の北の脇に開たる脇戸の許に副立て、音も為ずして伺けるに、「丑の時に成りやしぬらむ」と思ふ程に、物の足音して来る。「此れなめり」と思ふに、御灯油を取る。重き物の足音にては有れども、体は見えず。只、御灯油の限り、南殿の戸様に浮て登けるを、弁の走り懸て、南殿の戸の許にして、足を持上げて強く蹴ければ、足に物痛く当る。御灯油は打泛(うちこぼ)しつ。

物は南様に走り去(い)ぬ。弁は返て、殿上にて火を灯(ともし)て足を見れば、大指の爪欠て血付たり。夜曙て、蹴つる所を行て見ければ、蘇枋色なる血多く泛て、南殿の塗籠の方様に、其の血流れたり。塗籠を開て見ければ、血のみ多く泛て、他の物は無かりけり。

然れば、天皇、極く公忠の弁を感ぜさせ給けり。此の弁は、兵の家なむどには非ねども、心賢く、思量り有て、物恐ぢ為ぬ人にてなむ有ける。然れば、此る物をも恐れずして、伺て蹴るぞかし。異人は極き仰せ有と云ふとも、然許暗きに、其の南殿の迫に只独り立たりなむや。

其の後、此の御灯油取る事、絶て無かりけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku27-10.txt · 最終更新: 2015/01/15 21:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa