Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第24話 山城国人射兄不当其箭存命語 第廿四

今昔、山城国□□の郡□□の郷に住む人、兄弟有けり。何なる事か有けむ、弟、心の内に、「兄を何かで殺さむ」と思けるを、只打思たる様に持成てなむ過ける。兄、何にも此の事を知らざりけり。

而る間、弟、隙を量り、短(ひま)を伺ひけるに、十二月の廿日余の比、夕暮に、兄、近き隣りなる人の家に行て、夜に入まで、物食ひ酒呑て物語などして居たりけるを、弟、「よき隙也」と思て、目差すとも知らず暗きに、弟、弓箭許を持て、其の兄が有ける家の門の迫(はざま)に立て、「兄が出むを、只一箭に射殺さむ」と思ひ立りけるに、夜も漸く深更(ふけ)ぬ。

「今や物語し畢(はて)て出る、出る」と待けるに、兄、此の事を夢にも知らずして、物語し畢て、賤(あやし)の小男の有に火を灯(ともさ)せて出れば、弟、喜て、大なる矢を弓に番て、強く引て、一段許にて差宛て射むには、弓箭の道に愚ならむ者そら何しにか放(はづさ)む、況や、此れは極たる手聞にて有ければ、「慥に最中を射つ。尻答ふらむ」と思ふに、箭のちうと鳴て、外様に反(そり)ぬれば、「此は何に」と思て、二の箭を掻むと為る程に、兄は戸を開て出るに、思懸ず弓の音の近く為(する)に合て箭の来て、我が最中に立と思ふに、ちうと鳴て外へ反ぬれば、迷(まどひ)て急(き)と返り入て戸を閉つ。

奇異(あさまし)く、物も思えで見れば、早う、我が前に差たる刀の、間塞(まふたぎ)に貝を摺たりけるに、箭の喬(そば)に見(みえ)たりけるに、摺様に当て返ぬる也けり。家の内の者も、此れを見て騒けり。里の者共も、聞継て、手毎に弓箭を取て火を灯して、喤(ののし)り求めけれども、弟は射けるままに踊て逃にければ、何しに有む。

此れも、弟の為態とも知らざりけるに、其の夜射たりける箭を里の者共の求め出したりけるが、正しく其の弟の日来持たりける箭にて有ければ、隠れ無りけり。

然れば、定めて沙汰有けむ。然れども、其の後、其の事を知らず。兄が語りけるを聞きたる人、語りけるをや。

弟・骨肉とても、心は許まじき也けりとぞ、聞人云ひ繚(しらひ)けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku26-24.txt · 最終更新: 2015/01/09 20:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa