Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第23話 鎮西人打双六擬殺敵被打殺下女等語 第廿三

今昔、鎮西□□の国に住ける人、合聟也ける者と双六を打けり。其の人、極て心猛くして、弓箭を持て身の荘(かざり)として過ける兵也。合聟は只有者也けり。

双六は本より論戦(いさか)ひを以て宗とする事也ける。此等賽論をしける間に、遂に戦に成にけり。此の武者なる者、合聟が髻を取て、打臥て、前に差たる一とひを抜むとするに、䪝(おびとり)に鞘に付たる緒を結付たりける刀にて、片手にて其の結を解むとしける程に、敵、其の刀の𣠽にひしと取付きたりければ、武者立て、力有者也けれども否(え)抜得ずしてひぢくりけるに、喬(そば)なる遣戸に包丁刀の指されたりけるを見付て、髻を取乍ら其(そこ)へ引持行けるを、髻取られたる者、「遣戸の許へだに行なば、我は突殺されなむとす。今は限り也けり」と思て、念じて行かじと辞(すまひ)けるに、其の家は此の髻取られたる者の家にて、下に下女共数(あまた)して、酒造る粉と云ふ物を舂喤(つきののしり)けるに、此の髻取られたる家主、辞ぬと雖も否辞得ずして、只引れに引れて行けるに、音の有限り叫て、「我を助けよ」と云ければ、其の時に家に男は一人も無りければ、此の粉舂の女共、此の音を聞て、杵と云ふ物を提て、有限り走り上て見ければ、主の髻を取られて、殺さむと為(する)を見て、女共、「穴悲しや。早う殿を殺奉る也けり」と云て、杵を以て、其の髻取たる敵を集て打ければ、先頭を強く打たれて、仰様に倒けるを、やがて圧て打ければ、打殺されにけり。其の時に、家主は起上て引放れにけり。

然て、定めて沙汰有けむ。然れども、其の後の事は知らず。

敵に値ふべき者にも無かりけれども、云ふ甲斐無く女共に打殺されにければ、聞く人、「奇異(あさまし)き事也」とぞ、云ひ繚(しらひ)けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku26-23.txt · 最終更新: 2015/01/09 17:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa