Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第20話 東小女与狗咋合互死語 第二十

今昔、□□国□□の郡に住ける人有けり。其の家に、年十二三歳許有る女の童を仕ひけり。亦、其の隣に住ける人の許に、白き狗を飼けるが、何なることにか有けむ、此の女の童だに見ゆれば、此の狗咋ひ懸りて敵にしけり。

然れば、亦女の童も、此の狗だに見ゆれば打むとのみしければ、此れを見る人も、極じく怪び思ける程に、女の童、身に病を受けてけり。世の中心地にて有けるにや、日来を経るままに病重かりければ、主、此の女の童を外に出さむと為(する)に、女の童の云く、「己を人離たる所に出されなば、必ず此の狗の為に咋殺されなむとする。病無くして人の見る時そら、己だに見ゆれば、只咋ひ懸る。何に況や、人も無き所に、己れ重病を受て臥たらば、必ず咋殺されなむ。然れば、此の狗の知まじからむ所に出し給へ」と云ければ、主、「現に然る事也」と思て、遠き所に物など皆拈(したため)て、密に出しつ。「日毎に一二度は必ず人を遣て見せむ」と云ひ誘(こしら)へて出しつ。

而るに、其の亦の日は、此の狗有り。然れば、「此の狗知らぬなめり」と心安く思て有に、次の日、此の狗失ぬ。此れを怪び思て、此の女童出したる所を見せに人遣たりければ、人、行て見に、狗、女の童の所に行て、女の童に咋付にけり。然れば、女の童、狗と互に歯を咋違(くひちがへて)なむ死て有ける。

使、返て、此の由を云ければ、女の童の主も、狗の主も、共に女の所に行て、此れを見て、驚き怪び哀がりけり。

此れを思ふに、此の世のみの敵には非けるにかとぞ、人皆怪びけるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku26-20.txt · 最終更新: 2015/01/08 17:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa