Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第15話 能登国掘鉄者行佐渡国掘金語 第十五

今昔、能登国には、鉄(くろがね)の䥫(すがね)と云なる物を取て、国の司に弁ずる事をなむする。

其□□と云ける守の任に、其の䥫取る者六人有けるが、長(をさ)也ける者の、己等がどち物語しける次に、「佐渡の国こそ、金の花栄(さき)たる所は有しか」と云けるを、守、自然ら伝へ聞て、彼の長を呼寄て、物など取せて問ければ、長の云く、「佐渡の国には金の候ふにや。『金の候なめり』と見て給へし所の候しを、事の次でに、己がどち申し候しを、聞食たるにこそ候なれ」と。守、「然らば、其の然見えけむ所に行て、取て来なむや」と云へば、長、「遣さば罷なむ」と云ふ。守、「何物か入るべき」と問へば、長、「人をば給はり候はじ。只、小船一つ、粮少(すこし)など給はりて、罷渡て、若やと試候はむ」と云へば、只彼が云に随て、人にも知らせずして、船一と、食ふべき物少しとを取せつ。長、其れを得て、佐渡の国に渡にけり。

其の後、廿日余り一月許り有て、守、打ち忘れたる程に、彼の長、急(き)と出来て、守の現はに居たる所に見えたりければ、守、心得て、人伝には聞かずして、離たる所に、自ら出会たりければ、長、黒ばみたる□□に裹たる物を守の袖の上に打置たれば、守、重気に提て入にけり。

其の後、此の長、何(いづ)ちとも無て、俄に失にけり。守、人を分て東西に尋させけれども、遂に行方を知らで止にけり。何かに思て失たりと云ふ事を知らず。「『彼の金の有所、尋ね問や為る』と思けるにや」とぞ、疑ひける。其の金、千両有けりとぞ、語り伝へたる。

然れば、「佐渡の国に金は掘べし」と、能登の国の人、云ける也。其の長の後にも、必ず掘けむかし。遂に聞こえで止にけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku26-15.txt · 最終更新: 2014/12/30 02:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa