Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第11話 参河国始犬頭糸語 第十一

今昔、参河国□□郡に一人の郡司有けり。妻を二人持て、其れに蚕養(こがひ)をせさせて、糸多く儲ける。

而るに、本の妻の蚕養、何なる事の有けるにか、蚕皆死にて、養得る事無りければ、夫も冷(すさまじ)がりて、寄付かず成にけり。然れば、妻、只一人居たるに、従者僅二人許なむ有ける。妻、心細く悲き事限無し。

其の家に養ける蚕は皆死にければ、養蚕絶て養はざりけるに、蚕一つ、桑の葉に付て咋(くひ)けるを見付て、此れを取て養けるに、此の蚕、只大きに成れば、桑の葉を攞(こき)入て見れば、只咋失ふ。

此れを見に、哀れに思へければ、掻撫つつ養ふに、「此れを養立ても何がはせむ」と思へども、年来養付たる事の、此の三四年は絶て養はざりけるに、此く思はずに養立たるが哀れに思ければ、撫養ふ程に、其の家に白き犬を飼けるが、前に尾を打振て居りけるに、其の前にて、此の蚕を物の蓋に入て、桑咋を見居程に、此の犬、立走りて寄来て、此の蚕を食つ。奇異(あさまし)く妬く思ゆれども、此の蚕を一(ひとつ)食たらむに依て、犬を打殺べきに非ず。

然て、犬、蚕を食て呑入て、向ひ居たれば、「蚕一つをだに養得で、宿世也けり」と思ふに哀れに悲くて、犬に向て泣居たる程に、此の犬、鼻をひたるに、鼻の二つの穴より、白き糸二筋、一寸許にて指出たり。此れを見に怪くて、其の糸を取て引ば、二筋乍ら絡々(くるくる)と長く出来れば、籰(わく)に巻付く。其の籰に多く巻取つれば、亦異籰に巻に、亦□□□□ぬれば、亦異籰を取出て巻取る。

此の如して、二三百の籰に巻取に、尽もせねば、竹の棹渡して渡の1)絡懸く。尚、其にも尽せねば、桶共に巻く。四五千両許巻取て後、糸の畢(はて)絡出られぬれば、犬倒て死ぬ。其の時に、妻、「此れは仏神の犬に成て助け給ふ也けり」と思て、屋の後に有る畠の桑の木生たる本に、犬をば埋つ。

然て、此の糸をば細め、遣るべき方無して、繚(わづら)ふ程に、夫の郡司、物へ行とて、其の門の前を渡ければ、家の極て□気にて、人気色もなければ、□□に哀れと思て、「此に有し人、何にして有らむ」と、糸惜く思ければ、馬より下て、家に入たるに、人もなし。只、妻一人、多の糸を繚(いとより)居たり。此れを見るに、我が家に蚕を養富(かひまうけ)て絡懸る糸は黒し。節有て弊(わろ)し。此の糸は、雪の如く白して、光有て微妙き事限無し。此の世に類ひなし。

郡司、此れを見て大きに驚て、「此れは何なる事ぞ」と問へば、妻、事の有様を隠さず語る。郡司、此れを聞て思はく、仏神の助け給ける人を、吾が愚に思ける事を悔□、やがて留て、今の妻の許へも行かずして棲けり。

其の犬埋し桑の木に、蚕弾2)無く繭(まゆ)を造て有り。然れば、亦、其れを取て糸に引に、微妙き事限無し。郡司、此の糸の出来ける事を、国の司□□と云ふ人に語て、出したりければ、国の司、公に此の由を申し上て、其より後、犬頭と云ふ糸をば、彼の国より奉る也けり。其の郡司が孫なむ伝へて、今其の糸奉る竃戸(かまど)にては有なる。

此の糸をば、蔵人所に納められて、天皇の御服には織らるる也けり。天皇の御服の料に出来たりとなむ人語り伝へたる。亦、今の妻の、本の妻の蚕をば、構て殺たると語る人も有り。慥に知らず。

此れを思ふに、前生の報に依(よりて)こそは、夫妻の間も返合ひ、糸も出来けれと語り伝へたるとや。

1)
底本、「渡の」に鉤括弧。頭注に、「渡ノノ二字ハ衍カ」とある。
2)
底本頭注「弾ハ隙ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku26-11.txt · 最終更新: 2014/12/17 23:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa