Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻26第10話 土佐国妹兄行住不知島語 第十

今昔、土佐国幡多郡に住ける下衆有けり。己が住浦には非で、他の浦に田を作けるに、己が住浦に種を蒔て、苗代と云ふ事をして、殖うべき程に成ぬれば、其の苗を船に引入て、殖(ううる)人など雇具して、食物より始て、馬歯(うまぐは)・辛鋤・鎌・鍬・斧・鐇(たつぎ)など云ふ物に至まで、家の具を船に取入て渡りけるにや、十四五歳許有る男子、其れが弟に十二三歳許有る女子と、二人の子を船に守り目に置て、父母は「殖女雇乗(のせ)む」とて、陸に登りにけり。

白地(あからさま)と思て、船をば少し引居て、綱をば棄て置たりけるに、此の二人の童部は船底に寄臥たりけるが、二人乍ら寝入にけり。其の間に、塩満にければ、船は浮きたりけるを、放(はな)つ風(き)に少し吹出だされたりける程にて、干塩に引かれて、遥に南の澳(おき)に出けり。澳に出にければ、弥よ風に吹かれて、帆上たる様にて行く。其の時に童部、驚て見に、懸たる方にも無き澳に出にければ、泣迷(なきまど)へども、為べき様も無て、只吹かれて行けり。

父母は、殖女も雇得ずして、「船に乗む」とて、来て見に、船もなし。「暫は風隠(かざがくれ)に差隠たるか」と思て、此(と)走り彼走り、呼べども誰かは答へむと為る。返々す求め騒げど、跡形も無れば、云ふ甲斐無て止にけり。

然て、其の船をば、遥に南の沖に有ける島に吹付けり。童部、恐々(おづおづ)陸に下て、船を繋て見れば、敢て人無し。返べき様も無れば、二人泣居たれども甲斐無て、女子の云く、「今は為べき様なし。然りとて、命を棄つべきに非ず。此の食物の有む限りこそ、少しづつも食て命を助けめ。此れが失畢(うせはて)なむ後は、何にしてか命は生くべき。然れば、去来(いざ)、此の苗の乾れぬ前に殖む」と。男子、「只何にも汝が云むに随む。現に然るべき事也」とて、水の有ける所の、田に作つべきを求め出して、鋤・鍬など、皆有れば、苗の有ける限り皆殖てけり。

然て、斧・鐇など有ければ、木伐て庵など造て居たりけるに、生物(なりもの)の木、時に随て多かりければ、其れを取食いつつ明し暮す程に、秋にも成にけり。然べきにや有けむ、作たる田、糸能く出来たりければ、多く刈置て、妹兄過す程に、漸く年来に成ぬれば、然りとて、有べき事に非ねば、妹兄、夫婦に成ぬ。

然て、年来を経る程に、男子・女子、数産次(あまたうみつづ)けて、其れを亦夫婦と成しつ。大なる島也ければ、田多く作り弘げて、其の妹兄が産次けたりける孫の、島に余る許成てぞ、于今有なる。土佐の国の南の沖に、妹兄の島とて有とぞ、人語りし。

此れを思ふに、前生の宿世に依(よれば)こそ、其の島にも行住み、妹兄も夫婦とも成けめとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku26-10.txt · 最終更新: 2014/12/17 01:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa