Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻25第3話 源宛平良文合戦語 第三

今昔、東国に源宛1)・平良文と云ふ二人の兵有けり。宛が字をば箕田の源二と云ひ、良文が字をば村岳の五郎とぞ云ける。

此の二人の兵の道を挑ける程に、互に中悪しく成にけり。二人が云ふ事を、互に中言する郎等有て、云ひ聞かしめける様、「宛は良文を『其の尊は我に挑むべき事かは。何事に付ても手向へしてや。穴糸惜』となむ云ふ」と良文に告ぐ。良文、此れを聞て、「『我をば然は否(え)云はじ物を。手の聞む方も思量も、其の尊の有様、皆な知たり。実に然か思はば、然るべからむ野に出合へ』となむ云ふ」と宛に告ぐれば、魂太く心賢き兵也と云へども、人の云ひ腹立て合すれば、共に大きに嗔を成して、「『此く云てのみやは有るべき。然らば日を契て然るべからむ広き野に出合て、互に問(とはん)』となむ云」と云ひ聞せければ、「其の日と契て、野に出合む」と消息を通はしつ。其の後は、各軍を調へて戦はむ事を営む。

既に其の契の日に成ぬれば、各軍を発して、此く云ふ野に、巳の時許に打立ぬ。各、五六百人許の軍有り。皆、身を棄て命を顧ずして、心を励ます間、一町許を隔て、楯を突き渡したり。各、兵を出して、牒(ふだ)を通はす。其の兵の返る時に、定れる事にて、箭を射懸ける也。其れに馬をも不□ず、見返して静に返るを以て、猛き事にはしける也。

然て、其の後に、各、楯を寄せて、「今は射組なむ」と為る程に、良文が方より宛が方に云はする様、「今日の合戦は各軍を以て射組せば、其の興侍らず。只、君と我れとが、各(おのお)の手品を知らむと也。然れば、方々の軍を射組ましめずして、只二人走らせ合て、手の限り射(いん)と思ふは何が思す」と。

宛、此れを聞て、「我れも然(さ)思給ふる事也。速に罷り出ぬ」と云せて、宛、楯を離て、只一騎出来て、雁胯を番て立てり。良文も此の返事を聞て、喜て郎等を止めて云く、「只我れ一人、手の限り射組まむと為る也。尊達、只任せて見よ。然て我射落されなば、其の時に取て葬るべき也」と云て、楯の内より、只一騎歩(ある)かし出ぬ。

然て、雁胯を番て走らせ合ぬ。互に先づ射させつ。次の箭に、「慥に射取らむ」と思て、各の弓を引て、箭を放つて、馳せ違ふ。各、歩せ過ぬれば、亦各、馬を取て返す。亦弓を引て、箭を放たずして、馳せ違ふ。各、走せ過ぬれば、亦馬を取て返す。亦弓を引て押宛つ。

良文、宛が最中に箭を押宛てて射るに、宛、馬より落る様にして箭に違へば、太刀の股寄に当ぬ。宛、亦取て返して、良文が最中に押宛て射るに、良文、箭に違て身を□る時に、腰宛に射立てつ。

急に亦馬を取て返して、亦箭を番て走らせ合ふ時に、良文、宛に云く、「互に射る所の箭、皆□る箭、共に非ず。悉く最中を射る箭也。然れば、手品は皆見へぬ。弊(つたなき)事無し。而るに、此れ昔よりの伝はり敵にも非ず。今は此て止なむ。只挑許の事也。互に殺さむと思ふべきに非ず」と。宛、此れを聞て云く、「我も然なむ思ふ。実に互に手品は見つ。止なむ吉き事也。然は引て返なむ」と云て、各軍を引て去ぬ。

互の郎等共、各主の馳組て射合けるを見ては、「今や射落さる。今や射落さる。」と肝を砕て、心を迷(まどは)して、中に2)我等が射合て生も死もせむよりは、堪難く怖しく思けるに、此く射さして返れば、怪しみ思けるに、此の事を聞てぞ、皆喜び合へりける。

昔の兵、此く有ける。其の後よりは、宛も良文も中吉くて、露隔つる心無く、思ひ通はしてぞ過けるとなむ語り伝へたるとや。

1)
源充とも
2)
中々か
text/k_konjaku/k_konjaku25-3.txt · 最終更新: 2014/10/17 02:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa