Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻25第2話 藤原純友依海賊被誅語 第二

今昔、朱雀院の御時に、伊予掾藤原純友と云ふ者有けり。筑前守良範と云ける人の子也。

純友、伊予国に有て、多の猛き兵を集て眷属として、弓箭を帯して船に乗りて、常に海に出て、西の国々より上る船の物を移し取て、人を殺す事を業としけり。然れば、往反の者、輙く船の道を行かずして、船に乗こと無かりけり。

此れに依て、西の国々より国解を奉て申さく、「伊予国純友、悪行を宗とし、盗犯を好て、船に乗て常に海に有て、国々の往返の船の物を奪ひ取り人を殺す。此れ公私の為に煩ひ無きに非ず」と。公、此れを聞食し、驚かせ給て、散位橘遠保と云ふ者に仰を給て、「彼の純友が身を速に罸(うち)奉べし」と。

遠保、宣旨を承(うけたまはり)て、伊予国に下て、四国并に山陽道の国々が兵を催し集めて、純友が栖に寄る。純友、力を発して待合戦ふ。然ども、公に勝ち奉らずして、天の罸を蒙にければ、遂に罸れにけり。

亦、純友が子に、年十三なる童有り。形端正也。名を重太丸と云ふ。幼稚也と云へども、父と共に海に出て、海賊を好て、長(おとな)に劣る事無かりけり。重太丸をも殺して首を斬て、父が首と二の頭を持て、天慶四年の七月七日、京に持上り着て、先づ右近の馬場にして其の由を奏する間、京中の上中下の人、見喤(ののし)る事限り無し。車も立堪へず、歩人はたら所無し。公、此れを聞食して、遠保を感ぜさせ給けり。

其の次の日、左衛門の府生掃守(かもり)の在上と云ふ高名の絵師有り。物の形を写す、少も違ふ事無かりけり。其れを内裏に召て、「彼の純友并に重太丸が二の頭、右近の馬場に有り。速に其の所に罷て、彼の二の頭の形を見て写て持参るべし」と。此れは、彼の頭を公け御覧ぜむと思食けるに、内裏に持入るべきに非(あらね)ば、此く絵師を遣はして、其の形を写して御覧ぜむが為也けり。

然て、絵師、右近の馬場に行て、其の形を見て写て、内裏に持参たりければ、公、殿上にして此れを御覧じけり。頭の形を写たるに、少も違ふ事無かりけり。此れを写て御覧ずる事をば、世の人なむ承け申さざりける。

然て、頭をば、検非違使左衛門府生若江の善邦と云ふ者を召て、左の獄に下されにけり。遠保には賞を給てけり。

此の天皇の御時に、去ぬる承平年中に、平将門が謀反の事出来て、世の極無き大事にて有しに、程無く亦、此の純友罸たれて、此る大事共の打次(うちつづ)き有をなむ、世の人、云繚(いひしらひ)けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku25-2.txt · 最終更新: 2014/10/13 16:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa