Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻25第11話 藤原親孝為盗人被捕質依信頼言免語 第十一

今昔、河内守源頼信朝臣、上野守にて其の国に有ける時、其の乳母子にて、兵衛尉藤原親孝と云ふ者有けり。

其れも極たる兵にて、信頼よ共の其の国に有ける間、其の親孝が居たりける家に、盗人を捕へて打付て置たりけるが、何がしけむ、枷鎖を抜て逃なむとしけるに、逃得べき様や無かりけむ、此の親孝が子の五つ六つ許なる有ける男子の形ち厳(いつくし)かりけるが、走り行(あるき)けるを、此の盗人、質に取て、壺屋の有ける内に入て、膝の下に此の児を掻臥せて、刀を抜て、児の腹に差宛てて居ぬ。

其の時に、親孝は館に有ければ、人走り行て、「若君をば、盗人、質に取り奉りつ」と告ければ、親孝、驚き騒て、走り来て見れば、実に盗人壺屋の内に児の腹に刀を差宛て居たり。見るに、目も暗れて為む方無く思ゆ。「只寄てや奪てまし」と思へども、大きなる方の鑭(きら)めきたるを、現に児の腹に差宛て、「近くな寄り御座そ。近くだに寄御座ば、突き殺し奉らむとす」と云へば、「現に云ままに突き殺てば、百千に此奴を切り刻たりとも、何の益かは有るべき」と思て、□郎等共にも、「穴賢(かしこ)、近くな寄りそ。只遠外(とほよそ)にて守れ」と云て、「御館に参て申さむ」とて、走りて行きぬ。

近き程なれば、守の居たる所に、周章迷(あわてまどひ)たる気色にて、走り出たれば、守、驚て、「此れは何事の有ぞ」と問へば、親孝が云く、「只独り持て候子の童を、盗人に質に取られて候ふ也」とて泣けば、守、咲て、「理には有れども、此にて泣くべき事かは。鬼にも神にも取合などこそ思ふべけれ、童に泣く事は、糸嗚呼(をこ)なる事には非ずや。然許の小童一人は突殺させよかし。然様の心有てこそ、兵は立つれ。身を思ひ、妻子を思てば、俸弊(おきてつたな)かりなむ。物恐ぢ為ずと云は、身を思はず、妻子を思はずを持て云ふ也。然にても、我れ行て見む」と云て、太刀許を提て、守、親孝が栖へ行ぬ。

盗人の有る壺屋の口に立て見れば、盗人、「守の御座也けり」と見て、親孝を云つる様には否(え)息巻(いきまか)ずして、臥目に成て、刀を弥よ差宛て、少しも寄来ば突き貫つべき気色也。其の間、児、泣く事極じ。守、盗人に仰て云く、「汝は此の童を質に取たるは、『我が命を生かむと思ふ』故か、亦、『童を殺さむ』と思ふか。慥に其の思ふらむ所を申せ、彼奴。」と。盗人、侘し気なる音を以て云く、「何でか『児を殺し奉らむ』とは思給へむ。只、命の惜く候へば、『生かむ』とこそ思ひ候へば、『若や』とて取奉たる也」と。守、「をい、然るにとは其の刀を投げよ。頼信が此許仰せ懸けむには、否投げでは有らじ。汝に童を突せてなむ、我れ否見まじき。我が心ばへは自然ら音にも聞くらむ。慥に投げよ、彼奴」と云へば、盗人、暫く思ひ見て、「忝く、何でか仰せ事をば承らで候はむ。刀投げ候ふ」と云て、遠く投げ遣つ。児をば押起して、免したれば、起き走て逃て去(い)ぬ。

其の時に、守、少し立去(のき)て、郎等を召て、「彼の男、此方に召し出せ」と云へば、郎等寄て、男の頸を取て、庭の前に引き将出て居へつ。親孝は盗人を、「斫ても棄てむ」と思ひたれども、守の云く、「此奴、糸哀れに此の質を免したり。身の侘しければ、盗をもし、『命や生』とて、質をも取にこそ有れ。悪1)がるべき事にも非ず。其れに、我が免せと云に随て免したる、物に心得たる奴也。速に此奴免してよ。何か要なる、申せ」と云ども、盗人、泣きに泣て云ふ事無し。

守、「此奴に粮少し給へ。亦、悪事為たる奴なれば、末にて人もぞ殺す。厩に有る草苅馬の中に、強からむ馬に賤(あやし)の鞍置て、将(ゐて)来(こ)」と云て取りに遣つ。亦、賤の様なる、弓・胡録取りに遣つ。各皆持来たれば、盗人に胡録を負せて、前にて馬に乗せて、十日許の食(くひもの)許に、干飯を袋に入れて布袋に裹て腰に結び付て、「此よりやがて馳散じて去ね」と云ければ、守の云に随ひて、馳散じて逃て去にけり。

盗人も、頼信が一言に憚て、質を免してけむ。此を思ふに、此の頼信が兵の威、糸止事無し。

彼の質に取られたりける童は、其の後、長(おとな)に成て、金峰山に有て、出家して、遂に阿闍梨に成にけり。名をば明秀とぞ云ひけるとなむ語り伝へたるとや。

1)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku25-11.txt · 最終更新: 2014/11/08 04:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa