Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第9話 嫁蛇女医師治語 第九

今昔、河内の国讃良の郡馬甘の郷に住む者有けり。下姓の人也と云へども、大きに富て、家豊か也。一人の若き女子有り。

四月の比、其の女子、蚕養(こがひ)の為に、大きなる桑の木に登て、桑の葉を摘けるに、其の桑の道路の辺に有ければ、大路を行く人の道を過ぐとて見ければ、大きなる蛇出来て、其の女の登れる桑の木の本を纏て有り。路を行く人、此れを見て、登れる木を蛇纏へる由を告ぐ。女、此れを聞て驚て見下したれば、実に大きなる蛇、木の本を纏へり。

其の時に女、恐じ迷(まどひ)て、木より下るる。蛇、女に纏付きて、即ち婚(とつ)ぐ。然れば、女、焦迷(こがれ)て死たるが如くして、木の本に臥ぬ。父母、此れを見て、泣き悲むで、忽に医師を請て此れを問むとするに、其の国に止事無き医師有り。此れを呼て此の事を問ふ。其の間、蛇、女と婚て離れず。

医師の云く、「先ず、女と蛇とを同じ床に乗せて、速に家に将返てば、庭に置くべし」と。然れば、家に将行きて、庭に置つ。

其の後、医師の云ふに随ひて、稷(あは)の藁三束を焼く。三尺を一束に成して三束とす。湯に合せて汁三斗を取て、此れを煎じて二斗に成して、猪の毛十把を尅み末して、其の汁に合せて、女の頭に宛てて足を釣り懸て、其の汁を開(つび)の口に入る。一斗を入るに、即ち離れぬ。這て行くを打殺して棄つ。其の時に、蛇の子、凝て蝦蟆の子の如くにして、其の猪の毛、蛇の子に立て、開より五升許出づ。

蛇の子、皆出畢(いではて)ぬれば、女悟(さめ)驚て物を云ふ。父母、泣々此の事共を問ふに、女の云く、「我が心、更に物思えずして、夢を見るが如くなむ有つる」と。

然れば、女、薬の方に依て命を存する事を得て、慎み恐れて有けるに、其の後三年有て、亦此の女、蛇に婚ぎて遂に死にけり。此の度は此れ前生の宿因也けりと知りて、治する事無くて止にけり。

但し、医師の力、薬の験、不思議也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-9.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa