Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第8話 女行医師家治瘡逃語 第八

今昔、典薬頭にて□□□と云ふ止事無き医師有けり。世に並無き者也ければ、人皆此の人を用たりけり。

而る間、此の典薬頭に、極く装束仕たる女車の乗泛れたる入る。頭、此れを見て、「何くの車ぞ」と問ぬれども、答へも為ずして、只遣りに遣入れて、車を掻下して、車の頸木を蔀の木に打懸て、雑色共は門の許に寄て居ぬ。

其の時に、頭、車の許に寄て、「此れは誰が御しましたるにか。何事を仰せられに御座たるぞ」と問ば、車の内に其の人とは答えずして、「然べからむ所に局して下し給へ」と、愛敬付き可咲き気はひにて云へば、此の典薬頭は本より遣しく、物目出しける翁にて、内に角の間の人離れたる所を、俄に掃浄めて、屏風立て、畳敷などして、車の許に寄て、□□□たる由を云へば、女、「然らば去(のき)給へ」と云へば、頭、去て立るに、女、扇を差隠して居り下りぬ。車に「共の人乗りたらむ」と思ふに、亦人乗らず。女、下るままに、十五六歳許なる□□の女の童ぞ車の許に寄来て、車の内なる蒔絵の櫛の筥取て持来ぬれば、車が雑色共寄て、牛懸て、飛ぶが如くに□□の去ぬ。

女房、のる□所に居ぬ。女の童は筥の櫛を裹て隠して、屏風の後に屈居ぬ。其の時、頭寄て、「此は何なる人の□何事仰されむずるぞ。疾く仰せられよ」と云へば、女房、「此入(こちいり)給へ。恥聞くまじ」と云へば、頭、簾の内に入ぬ。女房差向たるを見れば、年卅許なる女の、頭付より始て、目・鼻・口、此(ここ)は弊(わろ)しと見ゆる所無く端正なるが、髪極く長し。香馥(かうば)しく、艶(えなら)ぬ衣共を着たり。恥かしく思たる気色も無くて、年来の妹などの様に安らかに向ひたり。

頭、此れを見るに、「希有に怪(あやし)し」と思ふ。「何様にても、此れは我が進退に懸らむずる者なめり」と思ふに、歯も無く極て萎る顔を極く咲て、近く寄て問ふ。況や頭、年来の嫗共失せて三四年に成にければ、妻も無くて有ける程にて、喜(うれし)と思ふに、女の云く、「人の心の疎(う)かりける事は、命の惜さには、万の身の恥も思はざりければ、『只何ならむ態をしても命をだに生なば』と思へて参り来つる也。今は生けむも、殺さむも、其の御心地也。身を任せて聞へつれば」とて、泣事限り無。

頭、極く此れを「哀れ」と思て、「何なる事の候ぞ」と問へば、女、袴の股立を引開て見れば、股の雪の様に白きに、少し面腫たり。其の腫、頗る心得ず見ゆれば、袴の腰を解かしめて、前の方を見れば、毛の中にて見へず。然れば、頭、手を持て其(そこ)を捜れば、辺(あたり)に糸近く〓(はれ)1)たる物有り。左右の手を以て掻別て見れば、専らに慎むべき物也。□□にこそ有ければ、極く糸惜く思て、「年来の医師、只此の功に、無き手を取出べき也」と思て、其の日より始めて、只人も寄せず、自ら襷上をして、夜る昼疏(つくろ)ふ。

七日許疏て見るに、吉く𡀍2)ぬ。頭、喜く思て「今暫くは此て置たらむ。其の人と聞てこそ返さめ」など思て、今は氷(ひや)す事をば止めて、茶垸(ちゃわん)の器に、何薬にてか有らむ、摺り入たる物を、鳥の羽を以て日に五六度付く許也。「今は事にも非ず」と、頭の気はひも喜し気に思たり。

女房の云く、「今、奇異(あさまし)き有様をも見せ奉りつ。偏に祖(おや)と憑奉るべき也。然れば、返らむにも、御車にて送り給へ。其の時に、其とは聞へむ。亦、此にも常に詣来む」など云へば、頭、「今四五日許は此て居らむ」と思て、緩(たゆみ)て有る程に、夕暮方に女房宿直物の薄綿衣一つ許を着て、此の女の童を具して逃げにけるを、頭、此とも知らで、「夕の食物参りらせむ」と云て、盤に調へ居(すゑ)て、頭自ら持て入ぬるに人も無し。「只今、然べき事構つる時にこそは有らめ」と思て、食物を持返ぬ。

而る程に暮ぬれば、「先ず火灯(ともさん)」と思て、火を燈台に居て持行きて見るに、衣共を脱ぎ散したり。櫛の筥も有り。「久く隠れて屏風の後に何態為るにか有らむ」と思ひて、「此(かく)久しくは何態せさせ給ふ」と云て、屏風の後を見に、何しにかは有らむ、女の童も見へず、衣共着重たりしも、袴も然乍ら有り。只、宿直物にて着たりし薄綿の衣一つ許なむ無き。「無にや有らむ。此の人は其れを着て逃にけるなめり」と思ふに、頭、胸塞りて、為む方も無く思ゆ。

門を差て、人々数(あまた)手毎に火を灯して家の内を□に、何にしにかは有らむ、無ければ、頭、女の有つる顔・有様、面影に思へて、恋く悲き事限り無し。「忌まずして、本意をこそ遂ぐべかりけれ。何にしに疏ひて忌みつらむ」と、悔しく妬くて、然は、「無くて、憚べき人も無きに、人の妻などにて有らば、妻に為ずと云ふとも、時々も物云はむに、極き者儲つと思つる者を」と、つくづくと思ひ居たるに、此く謀られて逃しつれば、手を打て妬がり足摺をして、極気なる顔に貝を作て泣ければ、弟子の医師共は、密に極くなむ咲ひける。世の人々も、此れを聞て咲て問ければ、極く嗔かり諍ける。

思ふに、極く賢かりける女かな。遂に誰とも知られで止みにけりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本、やまいだれに急
2)
口へんに愈
text/k_konjaku/k_konjaku24-8.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa