Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第7話 行典薬寮治病女語 第七

今昔、典薬頭□□□と云ふ人有けり。道に付て止事無き医師也ければ、公私に用ゐられたる者にてなむ有ける。

而る間、七月七日、典薬の頭の一家の医師共、幷に次々の医師共、下部に至まで、一人残らず寮に参り集て逍遥しけり。庁屋の大なる内に長筵を敷満て、其(そこ)に着並びて、各一種の物・酒などを出して遊ぶ日也けり。

其の時に、年五十許の女の無下の下衆(げす)にも非ぬが、浅黄なる張単に賤(あやし)の袴着て、顔は青鈍なる練衣に水を裹たる様にて、一身ゆぶゆぶと腫(はれ)たる者、下衆に手を引かれて、庁の前に出来たる。頭より始めて此れを見て、「彼(あ)れは何ぞ」と集て問ふに、此の腫女の云く、「己、此く腫て五六年に罷成ぬ。其れを『殿原に何かで問申さむ』と思へども、片田舎に侍る身なれば、其に御せと申さむに、御べきにも非ねば、何で殿原の一所に御座集たらむ時に見へ奉て、各宣む事を承らむと思ふ也。独々に見せ奉れば、各心々に宣へば、『何に付べきにか有らむ』と思へて、墓々しくも治され侍らぬを、其れに今日此(かく)集給ふと聞きて参たる也。然れば、此れ御覧じて、治すべからむ様仰せられよ」と云て、平がり臥ぬ。

典薬の頭より始て、皆此れを聞くに、「賢き女也」「現に然る事也」と思ふ。頭の云く、「いで主達、彼れ治し給へ。此れは寸白にこそ有ぬれ」と云て、中に美(よし)と思ふ医師を呼て、「彼れ見よ」と云へば、其の医師、寄て此れを見て云く、「定て寸白に候ふめり」と云ふ。「其をば何が治すべし」と。医師の云く、「1)」。

抜くに随て、白き麦の様なる物差出たり。其れを取て引けば、綿々(ながなが)と延れば、長く出来ぬるに随て、庁の柱に巻く。漸く巻くに随て、此の女、顔の腫□て、色も直り持行く。柱に七尋八尋許巻く程に、出来畢(はて)て残り出来ず成ぬ時に、女の目鼻直り畢て、例の人の色付に成す。頭より始めて、若干の医師共、皆此れを見て、此の女の此(かく)来て病を治しつるを、感じ讃め喤(ののし)る事限無し。

其の後、女の云く、「然て、次には何が治すべき」。医師、「薏苡湯を以て茹(ゆづ)べき也。今は其より外の治有るべからず」と云て返し遣てけり。

昔は此様に下臈医師共の中にも、新たに此の病を治し愈す者共なむ有けるとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「下ノ云クノ下脱文アラン」
text/k_konjaku/k_konjaku24-7.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa