Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第54話 陽成院之御子元良親王読和歌語 第五十四

今昔、陽成院の御子に元良親王の申す人御座けり。極き好色にて有ければ、世に有る女の美麗也と聞ゆるには、会たるにも未だ会はざるにも、常に文を遣るを以て業としける。

而る間、其の時に、枇杷の左大臣の御許に、童にて仕ひ給ひける若き者有けり。名をば岩楊とぞ云ける。形ち有様美麗にして、心ばへ可咲かりければ、万の人、此れを聞て、懃(ねんごろ)に云はせけれども、心堅くして聞かざりける程に、□□と云ふ人、強に心を尽して仮借(けさう)しければ、辞し難くして会にけり。

其の後は、男、去り難く思て、大臣の家の局に来通ひけるを、彼の元良親王、此れを知らずして、彼の女の美麗なる由を聞き耽て、度々云はせけるに、「男有」とは云はずして、強顔(つれなく)て返事をだに為ざりければ、親王、此なむ云ひ遣り給ひける。

  をほぞらにしめゆふよりもはかなきはつれなき人をたのむなりけり

と。女の返し。

  いはせ山よのひとこゑによぶこどりよばふときけばみてはなれぬか

となむ。

此の親王、遂に会りとも聞えずとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-54.txt · 最終更新: 2014/10/09 21:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa