Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第5話 百済川成飛騨工挑語 第五

今昔、百済の川成と云ふ絵師有けり。世に並無き者にて有ける。滝殿の石も此の川成が立たる也けり。同き御堂の壁の絵も、此の川成が書たる也。

而る間、川成、従者の童を逃しけり。東西を求めけるに、求得ざりければ、或高家の下部を雇て語ひて云く、「己が年来仕つる従者の童、既に逃たり。此れ尋て捕へて得させよ」と。下部の云く、「安事には有れども、童の顔を知たらばこそ搦めめ、顔を知らずしては何でか搦めむ」と。川成、「現に然る事也」と云て、畳紙を取出て、童の顔の限を書て、下部に渡して、「此れに似たらむ童を捕らふべき也。東西の市は人集る所也。其の辺に行て伺ふべき也」と云へば、下部、其の顔の形を取て、即ち市に行ぬ。

人、極て多かりと云へども、此れに似たる童無し。暫く居て、「若や」と思ふ程に、此れに似たる童出来ぬ。其の形を取出して競ぶるに、露違たる所無し。「此れ也けり」と搦めて、川成が許に将行ぬ。川成、此れを得て見るに、其の童、極く喜びけり。其の比、此れを聞く人、極き事になむ云ける。

而るに、其の比、飛騨の工と云ふ工有けり。都遷の時の工也。世に並無き者也。武楽院は其の工の起たれば、微妙なるべし。

而る間、此の工、彼の川成となむ各其の態を挑にける。飛騨の工、川成に云く、「我が家に一間四面の堂をなむ起たる。御して見給へ。亦、『壁に絵など書て得させ給へ』となむ思ふ」と。互に挑み乍ら、中吉くてなむ戯れければ、「此く云ふ事也」とて、川成、飛騨の工が家に行ぬ。

見れば、実に可咲気(をかしげ)なる小さき堂有り。四面に戸皆開たり。飛騨の工、彼の堂に入て、「其の内見給へ」と云へば、川成、延に上て南の戸より入らむと為るに、其の戸、はたと閉ず。驚て廻て西の戸より入る。亦、其の戸はたと閉ぬ。亦、南の戸は開ぬ。然れば北の戸より入るには、其の戸は閉て西の戸は開ぬ。亦、東の戸より入るに、其の戸は閉て北の戸は開ぬ。

此の如く廻々る数度(あまたたび)入らむと為るに、閉開つ入る事を得ず。侘て延より下ぬ。其の時に飛騨の工、咲ふ事限り無。川成、「妬(ねたし)」と思て返ぬ。

其の後、日来を経て、川成、飛騨の工が許に遣る様、「我が家に御座せ。見せ奉るべき物なむ有る」と。飛騨の工、「定めて我を謀(たばか)らむずるなめり」と思て行かざるを、度々懃(ねんごろ)に呼べば、工、川成が家に行き、此の来れる由を云ひ入れたるに、「入給へ」と云はしむ。云に随て、廊の有る遣戸を引開たれば、内に大きなる人の、黒み脹臭(ふくれくされ)たる臥せり。臭き事鼻に入る様也。思懸けざるに、此る物を見たれば、音を放て、愕て去(のき)返る。川成、内に居て、此の音を聞て、咲ふ事限り無。

飛騨の工、「恐し」と思て、土に立てるに、川成、其の遣戸より顔を差出して、「耶(や)、己れ、此く有けるは。只来れ」と云ければ、恐々(おづお)づ寄て見れば、障紙の有るに、早う其の死人の形を書たる也けり。堂に謀られたるが妬きに依て此くしたる也けり。

二人の者の態、此なむ有ける。其の比の物語には、万の所に此れを語てなむ、皆人誉けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-5.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa