Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第47話 伊勢御息所幼時読和歌語 第四十七

今昔、伊勢の御息所の、未だ御息所にも成らで、七条の后の許に候ひける比、枇杷左大臣、未だ若くして少将にて有ける程に、極く忍て通ひ給ひけるを、忍ぶと為れども、人自然ら髴(ほのか)に其の気色を見てけり。

其の後、少将、通ひ給はずして、音無かりければ、此く読てなむ遣たりける。伊勢、

  人しれず絶なましかばわびつつもなき名ぞとだにいはましものを

と。

少将、此れを見て、「哀れ」とぞ思給ひけむ、返てなむ此の度は現はれて、極く思て棲給けるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-47.txt · 最終更新: 2014/10/03 02:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa