Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第45話 小野篁被流隠岐国時読和歌語 第四十五

今昔、小野篁と云ふ人有けり。

事有て、隠岐国に流されける時、「船に乗て出立つ」とて、京に知たる人の許に、此く読て遣ける。

  わたのはらやそしまかけてこぎ出ぬとひとにはつげよあまのつりふね

と。

明石と云ふ所に行て、其の夜宿て、九月許りの事也ければ、明髴(あけぼの)に寝られで、詠(なが)め居たるに、船の行くが、島隠れ為るを見て、「哀れ」と思て、此なむ読ける。

  ほのぼのとあかしの浦のあさぎりに島がくれ行く舟をしぞおもふ

と云てぞ泣ける。

此れは、篁が返て語けるを聞て語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-45.txt · 最終更新: 2014/10/02 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa