Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第43話 土佐守紀貫之子死読和歌語 第四十三

今昔、紀貫之と云ふ歌読有けり。

土佐守に成て、其の国に下て有ける程に、任畢(はて)の年、七つ八つ許有ける男子の形ち厳(いつくし)かりければ、極く悲く愛し思けるが、日来煩て、墓無くして失せにければ、貫之、限り無く此れを歎き泣き迷(まどひ)て、病付許思焦(おもひこがれ)ける程に、月来に成にければ、任は畢ぬ。

此(かく)てのみ有るべき事にも非ねば、「上なむ」と云ふ程に、彼の児の此にて此彼(とかく)遊びし事など思ひ出でられて、極く悲く思へければ、柱に此く書付けり。

  みやこへと思ふ心のわびしきはかへらぬ人のあればなりけり

と。

上て後も、其の悲の心失せで有ける。其の館の柱に書付たりける歌は、今まで失せで有けりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-43.txt · 最終更新: 2014/10/01 17:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa