Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第4話 於爪上勁刷返男針返女語 第四

今昔、□□天皇の御代に、右近の陣に□□の春近と云ふ舎人有けり。鞠をなむ極く微妙く蹴ける。

其の春近が後の町の井の筩(つつ)に押懸り立て、若き女共などの数(あまた)有けるに、「見せむ」と思て、鞘より勁刷(かうがい)を取出て、手の爪に立てて、井の上に差出でて、四五十度許り返し立てけるを、人集て此れを見て興じ感じける事限り無。

而る間、年老たる女寄り来て、此れを見て云く、「興有る態し給ふ主かな。古へも此る態為る人無かりき。いで己れ習ひ申さむ」とて、袖差たる針を抜き出て、緒を付乍ら、爪の上にして四五十度許返しければ、此れを見る人、皆奇異(あさまし)く思けり。

其の時に、春近、此れを見て□□て勁刷差てけり。

此れ希有の事共也。昔は墓無き事共に付ても、此様の態為る者共も有ける也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-4.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa